相馬デジタルミュージアム

文化財は、郷土の歴史や文化を知るうえで欠くことのできないもの、次世代に継承しなければならない郷土の文化資産です。

相馬市歴史資料収蔵館には、郷土の歴史や民俗、考古など、数多くの資料が収蔵されています。

相馬デジタルミュージアムでは、地域文化の向上と発展を目指して、同資料館の収蔵資料や郷土の歴史に関する情報をインターネットを通して公開します。

お問い合わせ

ご質問・ご意見等は、下記の連絡先へお寄せください。

相馬市歴史資料収蔵館
〒976-0042
福島県相馬市中村字北町51-1
電話0244-37-2191
ファクス0244-32-1616
電子メール
sy-syogai@city.soma.fukushima.jp

アクセスカウンター

歴史資料収蔵館の常設コーナーから

佐藤玄々コーナー

彫刻作品や下絵の他に、生涯親交を結んでいた友人石井鶴三(彫刻家・洋画家)と玄々の手紙、みちの夫人にあてた手紙、自筆の履歴書(草稿)、和歌なども現在展示しています。どうぞご覧いただき、玄々の芸術と人となりを理解していただきたいと思います。

相馬駒焼コーナー

江戸時代初期の初代田代清治右エ門の作から14代目までの作品、今回初公開となる13代目の駒絵の掛軸など、優品30点ほどを展示しました。独特の味わいのある相馬駒焼をご鑑賞ください。