建設業者のみなさんへ

請負工事成績評定要領

公共工事の品質を確保するため、工事の施工段階での評価や優れた技術力、創意工夫、社会性、環境対策などを積極的に評価するものです。本市は、工事の成績評定にあたり、評定要領などを公表しています。

公共工事に係る環境配慮の取り組み

市の環境活動に伴い、公共工事についても平成15年8月26日から環境に配慮した取り組みを行っています。請負者は、環境の向上と環境負荷低減の継続的な推進を図ってください。

グリーン購入法に基づく取り組み

市公共工事の建設資材などの購入にあたっては、国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)第6条に基づく取り組みを行っています。

公共工事設計図書の閲覧

公共工事の設計図書を閲覧できます。不明な点は、市財政課へ問い合わせください。

工事等指名競争入札心得

詳細は下記を確認ください。

現場代理人の常駐義務の緩和措置

現場代理人は、工事現場ごとに常駐を義務付けていますが、工事箇所が近接しているなど常駐義務を緩和しても支障がないと認められる場合は、現場代理人の常駐義務の緩和を試行的に行っています。
対象要件を一部拡大し、試行しています。

申請書は下記からダウンロードできます。

請負代金額の減額変更を請求する場合における工事請負契約単品スライド条項の運用

単品スライド条項の運用(平成20年7月3日付け)および単品スライド条項の運用の拡充(平成20年10月1日付け)を定めたところですが、鋼材類などの資材価格の急激な下落への対応として、減額変更について運用しています。

工事請負契約における単品スライド条項の運用の拡充について

平成20年7月3日に「単品スライド条項」の運用基準を定め、全国的に価格高騰の著しい「鋼材類」と「燃料油」の2品目を対象に、運用を図ってきたところですが、地域や工事の内容によっては、原材料費の高騰などに起因して、工事の請負代金額に影響を及ぼすほど価格が上昇している資材が見られることから、単品スライド条項の運用を拡充しています。

工事請負契約におけるインフレスライドの運用について

東日本大震災に伴う賃金などの急激な変動に対処するため、相馬市工事請負契約約款第25条第6項(インフレスライド)の基準を定め、運用しています。

設計変更等ガイドライン

本市は、福島県の設計変更等ガイドラインを準用しています。 なお、県土木部の技術関係は下記のホームぺージを確認ください。

現場代理人および主任技術者等通知書

現場代理人および主任技術者等通知書は下記からダウンロードできます。

法定外労災保険の要件化について

公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(令和元年法律第35号)において、公共工事に従事する者の業務上の負傷等に対する補償に必要な金額を担保するための保険契約(以下、「法定外の労災保険」という。)の保険料を予定価格へ反映することは、発注者等の責務として位置づけられました。これに伴い、法定外の労災保険の付保を要件化することとなりましたのでお知らせいたします。

この記事に関するお問い合わせ先
財政課 工事審査室

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎3階
電話番号:0244-37-2219
あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2021年09月02日