4R運動でごみの減量とリサイクル

ごみを減らすためには、ひとりひとりがごみを減らす意識を持つことが必要です。自分の生活を振り返ったとき、必要以上にものを買ったり、まだ使えそうなものを捨ててはいませんか?

ごみを減らし、リサイクルを進めるために、生活の中に「4R運動」を取り入れましょう。家計にも役立つはずです。

Rfuse(リフューズ)

発生源でごみになるものを断つこと

  • 使い捨て商品を減らし、リサイクルしやすい製品やエコマーク商品、再生品を購入しましょう。
  • 買い物に出かけるときは、買い物袋を持参し、包装材などはもらわないようにしましょう。
  • 本や商品などを購入する場合は、過剰包装は断り、簡易包装に協力しましょう。

Reduce(リデュース)

買う量・使う量を減らすこと

  • 詰め替え商品を利用しましょう。
  • 生鮮食料品などは余らないように適量を購入するなど、買い物は必要なだけ購入しましょう。

Reuse(リユース)

くり返し使うこと

  • 故障したものは修理・修繕し、くり返して使いしましょう。
  • 不用品はフリーマーケットやリサイクルショップ・バザーに活用しましょう。

Recycle(リサイクル)

資源に再生して再利用すること

  • 資源物は、分別のルールに従って、それぞれの収集日に出しましょう。
  • 各地区の集団回収(廃品回収)に協力しましょう。
    資源物回収奨励金制度を活用しましょう。以下のリンクをご覧ください。
    資源物回収奨励金制度
  • 生ごみは、生ごみ処理機などを利用して、肥料として再利用することができます。
    生ごみ処理機等設置奨励金制度を活用しましょう。以下のリンクをご覧ください。
    生ごみ処理機等設置奨励金制度
  • プラスチック製容器は、資源として再利用することができます。洗って乾燥させてから「資源物」の収集日に出しましょう。
この記事に関するお問い合わせ先
生活環境課 生活環境係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎1階
電話番号:0244-37-2143
あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年03月29日