土砂災害警戒区域

福島県では、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域をなどを指定しています。

指定箇所などについては、福島県のホームページをご確認ください。

毎年6月は「土砂災害防止月間」です

毎年各地で土石流・地すべり・がけ崩れなどの土砂災害が多発し,人命・財産に甚大な被害を及ぼしています。そこで、土砂災害の防止及び被害の軽減に関して、国民の方々に関心を深めていただくため、国では毎年6月を「土砂災害防止月間」と定めています。
相馬市には28箇所の土砂災害警戒区域が指定されています。自宅や職場などの近くの土砂災害警戒区域を確認するようにしましょう。
梅雨や台風などの時期は雨量が増加し、土砂災害が発生しやすくなります。がけや川などの様子が普段と違うときは特に注意してください。

こんな時は注意しましょう!

がけ崩れの前触れ

  • がけから小石がバラバラ落ちてくる
  • 樹木が揺れたり、傾いたりする
  • 斜面から水がわき出る
  • 斜面にひび割れができる

土石流の前触れ

  • 川や沢の中でゴロゴロという音がしたり、火花が見えたりする
  • 川や沢の流れがにごり、生の木が流れてくる
  • 山鳴り、地鳴りがする。硫黄臭など、異常なにおいがする
  • 雨が降り続いているのに川や沢の水が減る

地すべりの前触れ

  • 池の水がにごったり、減ったりする
  • 山の樹木がザワザワと騒ぐ。木の裂ける音や木の根が切れる音がする
  • 山鳴り、地鳴りがする
  • わき水が増える
  • 地面にひび割れや段差ができる
この記事に関するお問い合わせ先
地域防災対策室 消防防災係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎3階
電話番号:0244-37-2121
あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2019年03月29日