令和3年社会生活基本調査への協力のお願い

総務省統計局は、令和3年10月20日を基準日として、全国から選定された約9万世帯を対象に「社会生活基本調査」を実施します。

調査対象となった世帯の皆さんには、調査への理解と協力をお願いします。

調査の目的

わたしたちが1日のうちどのくらいの時間を仕事、家事、地域での活動などに費やしているかや、過去1年間の自由時間にどのような活動を行ったかについて調査し、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の推進、少子高齢化対策、男女共同参画社会の形成など、各種行政施策のための基礎資料を得ることを目的としています。

調査の対象

統計理論に基づき無作為に選ばれた全国の約91,000世帯で、その世帯にふだん住んでいる10歳以上の世帯員約194,000人

調査期間

10月

調査事項

  • 世帯や世帯員に関すること(男女の別、出生の年月、ふだんの就業状態など)
  • 過去1年間の自由時間における活動(スポーツ、ボランティア活動など)
  • 1日の生活時間配分など

調査方法

令和3年9月上旬に、調査員が事前調査(調査区内の世帯を把握)のため、中野、百槻、大曲、尾浜の各担当地区を訪問します。

その後、調査対象となった世帯を訪問して調査票を配布します。

回答方法

10月21日(木曜日)から11月2日(火曜日)までの13日間のうち、調査区ごとに指定された6日間の間に、調査員が各世帯に調査票を回収に伺います。

また、パソコンやスマートフォンからのオンライン回答にも対応しています。

そのほか

調査員を始めとする調査関係者が調査で知り得た内容を他者に漏らしたり、統計以外の目的に用いることは、「統計法」により固く禁じられていますので、安心して回答ください。

(注意)調査員は、必ず顔写真入りの「調査員証」を身に着けていますので、確認ください。

社会生活基本調査

上記の画像をクリックすると、福島県統計課の社会生活基本調査のサイト(外部リンク)がご覧になれます。

この記事に関するお問い合わせ先
企画政策課 情報統計係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎3階
電話番号:0244-37-2218
あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2021年08月30日