施設の利用(利用申請・予約状況)

施設利用

市民会館の施設予約は、利用予定日の1年前から10日前まで行うことができます。

予約の手順は次のとおりです。

  1. 施設の空き状況を確認の上、利用したい施設を申し込んでください。(仮予約)
  2. 市民会館職員が仮予約があったことを確認し、使用料の支払いについて連絡します。
  3. 使用料の納付を市民会館が確認できた時点で予約が確定します。
  4. 利用内容についての打ち合わせ(開館・閉館などの時間、使用備品、タイムテーブルなど)
  5. 利用後、附帯設備等使用料の支払いが発生した場合は、追加で支払いいただきます。

オンライン予約(仮予約)は下記の予約システムを利用ください。 

利用の際、注意いただくこと

1.次の場合は、マスク着用の上、利用者同士が向かい合わせにならないようにしてください。

  •  合唱、民謡、カラオケなど大きな声を出すことや歌う場合
  •  管楽器、オカリナやハーモニカなどを演奏する場合
  •  呼吸が激しくなる室内運動(ダンス、ヨガ、踊りなど)を行う場合

2.次の場合は通常よりも利用者同士の距離を多く(2メートル以上)とってください。

  • 管楽器、オカリナやハーモニカなどを演奏する場合
  • 呼吸が激しくなる室内運動(ダンス、ヨガ、踊りなど)を行う場合

(注意)リンク先の「相馬市民会館新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を(第3版)に改訂しました。リンクが新しくなっています。利用申し込みの前に確認願います。

新型コロナウイルス感染症の対策と協力のお願い

当館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止として次の対策を行っています。理解と協力をお願いします。

  • 事務室入口にアルコール消毒液を設置しています。
  • 咳エチケットに協力ください。
  • こまめな手洗い、手指の消毒、マスクの着用などをお願いします。
  • 軽い風邪の症状(のどの痛み、咳、発熱など)の方は入館を遠慮願います。
  • 相馬市民会館新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを遵守ください。
  • 利用後は「新型コロナウイルス対応状況確認表(利用者用)」を市民会館に提出ください。

(補足)会館職員はマスク着用で対応しています。

イベントを主催する場合、主催者は次のことに留意ください

  • 相馬市民会館新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを遵守すること。
  • 1時間に数回、部屋の換気を行うこと。
  • 利用者間の距離を1.5メートル以上確保すること。
  • 利用者名簿を作成し、利用者の把握に努めること。
  • イベントの際は、部屋のドアノブ、廊下の手すりなどをアルコール消毒で定期的に拭き取ること。
  • 利用終了後、使用した机、椅子などをアルコール消毒すること。
  • イベントの入退場時に来館者が1.5メートル以上離れるよう主催者が誘導すること。
  • 各部屋の適正利用人数を超えないようにすること。
    大ホール=460人以下、リハーサル室兼多目的ホール=60人以下、会議室=10人以下、練習室=10人以下、和室(1室当たり)=6人以下、楽屋(1室当たり)=2人以下
  • アルコール消毒液は主催者で用意すること。
  • 主催者は「新型コロナウイルス感染症対策リスク評価シート」を作成し、事前に市民会館長の了解を得ること。利用後は「新型コロナウイルス対応状況確認表(イベント主催者用)」を市民会館に提出ください。

ガイドラインなどの詳細は、下記を確認ください。 

ガイドライン

(注意)忘れ物の取り扱い

市民会館での忘れ物は、事務室(受け付け)で一時保管し、7日以内に相馬警察署に届けます。

この記事に関するお問い合わせ先

市民会館

〒976-0042
福島県相馬市中村字北町51-1
電話番号:0244-35-2426、37-2197

あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2021年12月13日