トピックス詳細

 

 福島県体育協会表彰 受賞報告

掲載日 2016-12-26

県体育協会の優秀選手賞を受賞した中原陽悠(中一中3年)選手、武田泰輝(桜丘小6年)選手、中川魁(桜丘小3年)選手の3選手と社会体育優良団体賞を受賞したNPO法人オール相馬軍ソフトボール倶楽部を代表して真鍋昭由さんが市役所を訪れ、堀川利夫教育長に受賞を報告しました。

中原選手、武田選手、中川選手は神奈川県で行われた第42回全日本スポーツチャンバラ選手権大会に出場し、素晴らしい結果をおさめたことから受賞となり、オール相馬軍は24時間ソフトボール大会の実施や市町村対抗福島県ソフトボール大会の運営協力など地域におけるスポーツ振興や競技人口の拡大に貢献していること、また地域における環境活動にも尽力していることが評価されての受賞となりました。

報告を受けた堀川教育長は、3選手には、「立派な成績をおさめてうれしく思います。これからもスポーツをがんばってください。期待しています」、オール相馬軍には「スポーツの振興に協力いただきながら、これからもソフトボールチームとしてもがんばってほしい」と、ねぎらいの言葉を贈りました。

●報告をした3選手と、オール相馬軍を代表して真鍋さんの言葉
▽中原選手・・・今回の成績に満足していないので、次回もがんばりたいです。
※小太刀3・4級の部で第3位

▽武田選手・・・はじめて全国大会に出場して2位という成績でしたが、次回は1位を取りたいです。
※両手長剣3〜10級の部で第2位

▽中川選手・・・スポーツチャンバラで3位を取りましたが、ほかのスポーツもがんばりたいです。
※両手長剣3〜10級の部で第3位

▽オール相馬軍を代表して真鍋さん・・・表彰されたことは、NPO法人として10年間企画・立案をしてきたことや取り組みが市民に認められたと実感しますし、うれしく思います。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細