トピックス詳細

 

 保健センターに寄贈 プルタブ回収で車いす

掲載日 2017-02-24

2月22日、市内の3中学校と9小学校、中央公民館などがプルタブ回収運動で交換した車いすを保健センターに寄贈しました。

平成14年度から中央公民館ボランティア事業として、北海道江別市のリングプル再生ネットワークに登録、各地区の公民館でプルタブ集めを開始しました。回収運動は市内の小中学校にも広まり、これまでに6台の車いすを養護学校や公立相馬総合病院などに寄贈してきました。

プルタブ回収による車いすの寄贈は、今回で最後の寄贈となります。

保健センターで行われた贈呈式では、児童、生徒の代表が訪れ、車いすを赤石澤珍夫保健センター所長に託しました。堀川利夫教育長は、子どもたちに「人のために活動することが自分の生活に輝きをもたらします」とあいさつしました。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細