しゅつえんしゃぼしゅうゆめこうぼう といあわせ      
 
 

 わたしたちは、「音楽の息づく街」をめざしています。ご声援をお願いします。

 

 

そうま音楽夢工房 第60回演奏会

Winter JAZZ in Soma By 《SKY TRIO》

そうま音楽夢考房第60回演奏会  

プログラム
リベルタンゴ / Astor Piazzola
この道 / 山田耕筰
月の夜、雪の街 / Kida Hirotaka ほか

●開催日 平成30年2月11日(日・祝) 

開演:14時

●入場料(全席自由)  一般500円、中学生以下無料(要整理券)
※未就学児の入場はご遠慮願います。

●会場 相馬市民会館 大ホール 特設スタジオ

※会場駐車場が限られています。お車の際は乗り合わせてご来場ください。

●出演者

SKY TRIO
2013年、ピアニストの須藤信一郎(S)コントラバス奏者の木田浩卓(K)ドラマーのよしじまともひと(Y)の三人により結成されたピアノトリオ。結成時より、三人の敬愛するECM、ヨーロピアンジャズのサウンドをコンセプトとし、ヨーロピアンジャズ、アルゼンチンミュージックやメンバーのオリジナル楽曲などをレパートリーとして活動を行う。
様々なフィールドで活動する三人による美しいサウンドは評価が高く、現在、最もヨーロピアンジャズのサウンドに近い日本人グループとして注目されている。2016年10月に1stアルバム「SKYTRIO」をリリース。

須藤 信一郎(Piano
6歳よりピアノを始める。国立音楽大学ピアノ科卒業。An Musicジャズピアノ科卒業。卒業後、銀座のピアノバーや、アルゼンチンタンゴの老舗、六本木カンデラリアでハウスピアニストを経て、本格的にアルゼンチンタンゴのピアニストとし活動を始める。現在はタンゴにとどまらずJAZZ、POPs、演歌と、国内外を問わずボーダーレスピアニストとして活動。近年は、八代亜紀の専属ピアニストとしても活躍中。

木田 浩卓(Contrabass
福島県相馬市出身、国立音楽大学(コントラバス専攻)卒業。クラシックを学ぶ傍ら、池田達也、金子健に両氏にジャズの奏法、理論を学び、ハンク・ジョーンズ、小曽根真の各マスタークラスを受講。大学在学中よりウッドベース、エレクトリックベースの使い手としてジャズ、ポップス系のライブ、レコーディングの活動を始め、現在はジャズ、ポップス、タンゴ系セッションまでジャンルを超えて演奏活動を行う。

吉島智仁(Drum)
早稲田大学在学時からドラムを始め、池長一美氏に師事。卒業後、洗足学園音楽大学jazz科に入学。在学時よりプロ活動を開始。演奏家として、ゴダイゴのギタリスト浅野孝巳氏、ベース奏者水谷浩章氏など、ジャンルを問わず、様々な音楽家と共演。レコーディング作品にも多数参加。

●チケット取扱い先(平成30年1月9日から取り扱い開始)
▽相馬市教育委員会(0244-37-2187)
▽相馬市図書館(0244-37-2630)
▽相馬市民会館(0244-35-2426)


●問い合わせ先
そうま音楽夢工房事務局
(相馬市教育委員会生涯学習課)
電話 0244−37−2187
Eメール/ongaku@city.soma.fukushima.jp

※チケットの予約を電話やメールで受け付けます。

 

●「コンサートの記録
これまでにそうま音楽夢工房で開催したコンサートの記録です。

●「出演者募集
このコンサートの趣旨にご賛同いただける音楽家のみなさんを募集しています。

●「そうま音楽夢工房って?
私たちの取り組みをご紹介します。また、ご意見・ご要望もお待ちしています。

【そうま音楽夢工房シンボルマーク受賞作品】

   
 

 
 そうま音楽夢工房
 〒976-8601 福島県相馬市中村字北町63-3
 相馬市役所 生涯学習課内
 TEL0244(37)2187 FAX0244(37)2617
 E-mail ongaku@city.soma.fukushima.jp

Copyright(c) 2008 Soma City Office. All rights reserved.
当ホームページ上のすべての文章や画像などの無断転載・引用はご遠慮ください。