令和4年就業構造基本調査に協力ください

「就業構造基本調査」は、総務省が実施する統計法に基づく基幹統計調査です。5年ごとに実施しており、令和4年調査は第18回目になります。

正規・非正規雇用者の就労状況の違い、高齢者・若年層の就業状況、育児・介護と就業との関係などについて、全国、地域別に明らかにし、仕事をしている人や仕事をすることを希望している人の働きやすい環境を整備していくため、国や地方公共団体の行政施策立案の基礎資料を得ることを目的とした調査です。

令和2年国勢調査調査区から総務大臣が指定した全国約34,000調査区のうち、本市では12調査区が対象となっています。

対象の調査区には、市の調査員が訪問しますので、皆さんの理解と協力をお願いします。

調査の目的

国民の就業・不就業の状態を調査し、我が国の就業構造を全国・地域別に明らかにし、国や地方公共団体における雇用政策、経済政策などの各種行政施策立案の基礎資料を得ることや学術研究のための利用に資することを目的としています。

調査の期日

10月1日(土曜日)0時現在

調査の対象

総務大臣の定める方法により市町村長が選定した抽出単位(一つの世帯が居住できるようになっている建物または建物の一区画をいう)に居住する約54万世帯の15歳以上の世帯員約108万人が対象です。

本市では、約700世帯の15歳以上の世帯員約1,500人が対象です。

調査の内容

調査対象となった15歳以上の全ての人

男女の別、出生の年月、教育の状況、就業状態、職業訓練および自己啓発、育児・介護の有無など

ふだん仕事をしている人のみ

勤め先での呼称、雇用契約期間、仕事の内容、1年間の就業日数、1週間の就業時間、テレワークの実施状況など

ふだん仕事をしていない人のみ

就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

調査の方法

準備調査

実施時期:9月上旬ころ

調査員が、対象調査区の全ての世帯を訪問し、「リーフレット(調査のお知らせ)」を配布します。なお、世帯について簡単な確認をします。

実地調査

実施時期:9月中旬ころ

統計理論に基づき抽出された調査対象世帯を調査員が訪問し、調査書類を配布します。

調査票の回収

実施時期:10月上旬

調査対象世帯は、下記のいずれかの方法で回答ください。

  • 調査員回収
  • インターネットを活用したオンライン回答
  • 郵送

新型コロナウイルス感染予防

調査員は、マスク着用・消毒などを実施し、感染リスクを抑えて調査を行います。

守秘義務

調査員を始めとする調査関係者が調査で知り得た内容を他者に漏らしたり、統計以外の目的に用いることは、「統計法」により固く禁じられていますので、安心して回答ください。

かたり調査に注意ください

就業構造基本調査を装った不審な訪問者・電話・電子メールなどに注意ください。

調査員は、必ず顔写真付きの「調査員証」を身に着けていますので、確認ください。

また、金品を請求したりすることは絶対にありません。

関連リンク

詳細は下記のホームページを確認ください。

この記事に関するお問い合わせ先
企画政策課 情報統計係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎3階
電話番号:0244-37-2218
あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2022年07月21日