新型コロナワクチン接種Q&A

市新型コロナワクチン接種コールセンターに寄せられる主な質問と回答を掲載します。質問・回答は随時更新します。

(注意)回答内容は掲載時点での情報であり、予告なく変更となる場合があります。

よくある質問と回答

追加接種(3回目接種)に関すること

追加接種は必ず接種しなくてはならないのですか?

接種は任意になります。

なぜ、追加接種が必要なのですか?

日本で接種が進められている新型コロナワクチンは、高い発症予防効果がある一方、感染予防効果や、高齢者においては重症化予防効果についても、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止および重症化予防の観点から、初回接種を完了した全ての方に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされています。

追加接種にはどのような効果がありますか?

追加接種を行わなかった場合と比較して、感染予防効果や重症化予防効果などを高める効果があります。

接種が受けられる時期はいつまでですか?

接種を行う期間は、国の定めにより令和4年9月30日までの予定です。

追加接種では、どのワクチンが使用されますか?

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、mRNAワクチンに分類されるワクチン(ファイザー社製、武田/モデルナ社製ワクチン)を使用します。

初回接種とは異なるワクチンを使用した場合の副反応はどうなりますか?

副反応は、同じワクチンを使用した場合と比べて同程度とされています。

追加接種ではどのような副反応がありますか。2回目よりも重いでしょうか?

ファイザー社製のワクチンおよび武田モデルナ社のワクチンいずれの場合も、2回目の接種後と比較して有害事象の発現傾向はおおむね同様であると確認されています。ほとんどの場合が軽症であり、発現後短期間で治っています。

追加接種は無料で受けられますか?

初回接種と同様、無料で接種できます。

ワクチンの種類は選べますか?

相馬市に供給されるワクチンはファイザー社製、または武田/モデルナ社製になります。希望するワクチンの供給が不足する場合は、接種時期が遅くなる場合があります。

現在17歳です。18歳の誕生日がきたら追加接種を受けられますか?

現在17歳の方で、2回目の接種完了から原則8カ月以上経過した方は、18歳の誕生日の前日から追加接種を受けることができます。

相馬市に転入する前にほかの自治体で初回接種(1回目・2回目)をしました。相馬市から接種券は届きますか?

相馬市に転入する前に初回接種をした方は、接種券の発行申請が必要ですので、保健センター窓口で手続きください。
(注意)事前に保健センター(電話番号:0244-35-4477)に問い合わせください。

相馬市に住民票があるものの、ほかの自治体で初回接種(1回目・2回目)をしました。相馬市から接種券は届きますか?

原則、本市から接種券が発行される予定ですが、ほかの自治体で初回接種をした記録が本市に届いていない場合などは、接種券を発行できないことがあります。

  • 初回接種をしてから8カ月が経過しても接種券が届かない、または市内で接種を希望する場合は、保健センター(電話番号:0244-35-4477)に問い合わせください。
  • ほかの自治体などで接種するため、接種券のみの送付を希望する場合は、コールセンター(電話番号:0244-37-7567)に問い合わせください。

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンを同時に接種できますか?

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。新型コロナワクチンとそのほかのワクチン(インフルエンザワクチン、高齢者肺炎球菌ワクチンなど)は、互いに片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

ワクチン接種後にやってはいけないことはありますか?

通常の生活に問題はありませんが、激しい運動や過度の飲酒などは避けてください。入浴も問題ありませんが、接種部位を強くこすらないように注意ください。

初回接種(1回目・2回目接種)に関すること

ワクチン接種は義務でしょうか?

ワクチン接種は義務(強制)ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチン接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を受けることになります。
ワクチンの接種を受ける方には、ワクチン接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種の目的は何でしょうか?

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図ります。

新型コロナワクチンの接種を希望しません。接種しなくてもよいでしょうか?

新型コロナウイルスワクチン接種は、コロナウイルスに感染した場合に、発症や重症化を予防する効果が期待されています。強制接種ではなく、あくまでご本人の意思に基づいて受けていただくものですので、接種を希望されない場合は、無理に接種する必要はありません。

新型コロナワクチン接種にあたって、接種する本人の同意は必要でしょうか?

接種を受ける本人の同意は必要です。

(注意)接種を受ける方が16歳未満の場合は保護者の同意が必要となり、成年被後見人の場合は、本人または成年後見人の同意が必要です。

新型コロナワクチンを接種した後に注意することはありますか?

  • 接種部位は清潔に保ちましょう。(入浴は差し支えありませんが接種部位をこするのはやめましょう。)
  • 接種当日の激しい運動は避けましょう。
  • 接種部位の異常な反応や、2日以上熱が続く場合、症状が重い場合、ワクチンでは起こりにくい次の症状がみられる場合は、かかりつけ医、または県新型コロナワクチン副反応コールセンターに相談ください。
県新型コロナワクチン副反応コールセンター

電話番号:0120-336-567 (受付時間=9時~20時)

ワクチンの副反応
  • ワクチン接種後に起こりにくい症状

発熱以外に咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失、息切れなど

(注意)上記の症状が起きた場合は、かかりつけ医への受診や相談を検討ください。

  • ワクチン接種後に起こりやすい症状

発熱、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛など

(注意)発熱は接種後2日以内に起こる場合が多いです。

(参考)相馬市新型コロナウイルスワクチン接種メディカルセンターからのお知らせ(副反応アンケート調査結果)

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでも良いですか?

ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬で対応することも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師に相談ください。

  • ほかの薬を内服している場合や、病気療養中の場合
  • 激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合

(補足)ワクチン接種後、症状が出る前に解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することは、現在のところ推奨されていません。

予診票の書き方が分からない

円滑なワクチン接種のため予診票の事前記入をお願いしていますが、記入欄でどちらにチェックしてよいか分からない部分は、空白のままで結構です。

(注意)記入する際は、次のことに注意ください。

予診票に関する注意事項
  • 予診票は1回目接種分と2回目接種分の2枚を送付しています。
  • 接種券に1回目と2回目のクーポン券(シール)が付いていますが、クーポン券は職員が使用しますので、クーポン券を貼らずに持参ください
  • 診察前の体温は指定病院で測定しますので、空白で持参ください。
  • 病気治療中の方は、事前にかかりつけ医に接種を受けて良いか確認ください。
  • 医師記入欄は、医師が記入しますので、空白で持参ください。

詳細は下記のページを確認ください。

指定された接種日の日程を変更したい

仕事や家事、育児などの都合により、指定の接種日時に接種できない場合は、市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号:0244-37-7567)に連絡ください。

 日程変更に関する注意事項

ワクチンを無駄にしないためにも、接種日当日に体調不良などでやむを得ずキャンセルする場合は、必ずコールセンターに連絡ください。

接種日の通知に接種券や予診票が同封されていない

接種日の通知に入っているのは、1回目、2回目の接種日のお知らせのみです。

接種に必要な接種券(クーポン券)や予診票は、事前に送付した意向調査の案内の封筒に同封されていますので、確認ください。

指定病院には、接種日のお知らせ、接種券、予診票のほか、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を持参ください。

(注意)2回目の接種の際も本人確認書類が必要です。

基礎疾患がある場合も接種できますか?

基礎疾患のある方も、かかりつけ医に相談し「接種しても良い」と言われた場合は、接種できます。(証明書などは必要ありません)

さまざまな事情でかかりつけ医の意見が聞けない場合は、インフルエンザ予防接種などを接種している病院にお薬手帳を持参し、確認ください。

そのどちらの方法でも確認できない場合は、予診医が判断します。

主な基礎疾患
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、またはほかの病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けてい悪性腫瘍を含む)
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸器障害など)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害と重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
  • 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナワクチン接種コールセンター


〒976-8601

福島県相馬市中村字北町63-3 

電話番号:0244-37-7567

あなたの評価でページをより良くします!
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

更新日:2022年07月08日