新型コロナウイルスに便乗した詐欺に注意

新型コロナウイルスに便乗した、消費者トラブルが全国で発生しています。

正確な情報に基づいて冷静に対応しましょう。

特別給付金を装った詐欺に注意

市は、現在申請受け付けを行っていますが、次のようなことはしません。

  • メールで個人情報を問い合わせること
  • キャッシュカードの暗証番号を聞き出し、カードを預かること
  • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
  • 給付のために、手数料の振り込みを求めること

身に覚えのない商品の送り付けに注意

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の布製マスク全戸配布に便乗した詐欺や悪質商法、電話で資産状況などを聞き出した上で詐欺を仕掛けるアポ電詐欺に注意ください。

(注意)政府が1住所当たり2枚ずつ配布する布製マスクは、お知らせ文と一緒に透明の袋に入れて郵便局が配達します。

  • 不審な電話はすぐ切る。
  • 身に覚えがない商品が届いても、慌てて事業者に連絡しない。
  • SNSの書き込みや広告の内容をうのみにせず、リンク先の通販サイトの表示や注文手続きに不審な点がないか慎重に確認する。

不安になったら、一人で悩まず電話で相談ください

  • 消費者ホットライン188(いやや)番(局番なしの3桁番号)
  • 警察署(相談専用電話#9110)
この記事に関するお問い合わせ先
生活環境課 市民生活係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎1階
電話番号:0244-37-2144

更新日:2020年05月08日