令和元年度台風19号被害による国民年金保険料の免除

台風19号被害による国民年金保険料の免除

令和元年度台風19号で被害を受けた方は、申請により国民年金保険料が全額免除されます。

対象者

国民年金保険料を納める方で、住宅、家財、そのほかの財産などにおおむね2分の1以上の損害を受けた方。

  • 配偶者、世帯主、世帯員の財産が損害を受けた場合も対象になります。
  • 保険金、損害賠償金が支払われた場合、損害額から除きます。

免除期間

令和元年9月分~令和3年6月分

(注意)令和2年7月分以降の免除は、再度申請が必要になります。

手続きに必要なもの

被災状況届

住宅、家財、そのほかの財産などの損害が2分の1以上であることを確認するため、被災前の財産額と損害額などを記入します。

罹災証明書

罹災証明書により損害の程度が確認できる場合、上記の被災状況届は不要です。

保険金・損害賠償金の金額を確認できる証明書

保険金・損害賠償金が支払われた場合に必要です。

はんこ

代理人が申請する場合に必要です。

手続き・問い合わせ先

保険年金課

電話番号 0244-37-2141

日本年金機構相馬年金事務所

電話番号 0244-36-5172
(注意)自動音声案内で、5番を押してください。

この記事に関するお問い合わせ先
保険年金課 年金係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎1階
電話番号:0244-37-2141

更新日:2019年10月30日