国民健康保険・後期高齢者医療の自己負担免除

台風19号および10月25日大雨により被災された方で、下記に該当する方は、該当内容を医療機関で申し出ると窓口での自己負担が免除されます。

(補足)台風第19号および10月25日大雨は、一連の災害として激甚災害に指定されました。(令和元年12月4日)

対象者

市の国民健康保険・後期高齢者医療制度に加入されている方で、次のいずれかに該当している方

  1.  住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をした方
  2.  主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負われた方
  3.  主たる生計維持者の行方が不明である方
  4.  主たる生計維持者が業務を廃止、または休止された方
  5.  主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

免除の期間

10月12日~令和2年1月31日

受診後の取り扱い

後日、医療機関で申告した内容を市から確認を行う場合があります。対象者に該当しなかった場合、市が自己負担を徴収することがあります。

注意事項

  • 罹災証明書の提示は必要ありませんので、医療機関で申告ください。
  • 入院時の食事療養費などは支払いください。
  • 対象者に該当し、すでに自己負担を支払った場合は、領収書を保管しておいてください。同月内であれば医療機関で払い戻しの手続きができる場合があります。
  • 罹災調査の結果、対象者の1に該当した方には、免除証明書を後日郵送します。
    郵送の時期は広報紙などでお知らせします。
  • 対象者の2~5に該当している方は、自己負担免除申請が必要となります。手続き方法や時期は後日、広報紙などでお知らせします。

健康保険証を紛失した場合

健康保険証を紛失した場合でも、医療機関を保険扱いで受診することができます。その際は、医療機関に次の事項を申し出ください。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 住所
  4. 連絡先
この記事に関するお問い合わせ先
保険年金課 国民健康保険係

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3 市役所庁舎1階
電話番号:0244-37-2140

更新日:2019年12月04日