震災孤児等の学業・生活支援義援金の受付は平成25年3月31日をもって終了します

これまで、震災孤児等に対する学業や生活を支援するための義援金受付けを行ってまいりましたが、お蔭をもちまして寄附額が遺児孤児等の生活支援や大学等の就学支援等の目標額に達する見込みとなったため、平成25年3月31日をもって終了させていただきます。

日本中、世界中の皆様の温かいお気持ちにより、東日本大震災で親を失った相馬市の子どもたちへの経済的支援が出来ますことに、衷心より感謝を申し上げます。

今後、震災孤児等を含め相馬の子どもたちに継続的なご支援をお考えの方がおいででしたら、大学進学までの学力向上のための「教育復興子育て基金」にご支援をいただければ幸いです。

相馬市教育復興子育て基金のご案内 >>

親たちに代わり

相馬市長メールマガジンNo.275(2013年1月3日号)

平成23年4月より基金を開設した震災孤児遺児義援金は、24年12月末現在4億9千万円に達しました。
お蔭さまで、51人の孤児遺児の生活支援と、大学や専門学校などの学費と生活費仕送り分、また社会人として必要な自動車運転免許取得の教習所費用など、親が生きていれば子供のために頑張ったであろう、子育てと教育の資金を用意することが出来る見通しが立ちました。ざっと、一人1千万円と考えましたので、51人で5億1千万円を目標としましたが、戴き過ぎても申し訳がないので今年の3月31日を以って、基金を閉鎖させて頂きます。もしも将来、不足が生じるようなことがあれば、私の後を継ぐ市長たちにお願いしたいと思っています。

私の近しい市長さんたちからこの基金のことをそれぞれの市民にお伝え頂き、また私のメルマガを読んで頂いた多くの個人、団体の方々からのご賛同を戴きました。日本中、世界中の皆様の温かいお気持ちにより、私や相馬市民の、震災犠牲者や孤児遺児たちへの思いの一部を叶えることが出来ますことに、この稿を持ちまして衷心より感謝いたします。

私がこの基金を思い立ったのは、消防団員たちの御遺体発見の知らせを次々と受けた時でした。避難誘導をしながら、迫りくる巨大な津波を見た彼らが最後に何を思ったろうかと、胸が苦しくなりました。30代が主流の消防団員たちは子育て世代。父親としての責任と喜びを人生の途中で奪われる彼らの無念に、言葉も出ませんでした。

子どもを健やかに育てたい。成長して自立した後は強く生きてほしい。それは父親としての生き甲斐でもあり、人生で持ちうる最大の喜びでもあります。競争社会の今日、強く生きる為の最良の手段はしっかりと教育をしてあげること、具体的に言えば高等教育を身に付けさせることです。その為の努力を人生の途中で奪われたとしたら、さぞや心残りだったろうと思ったのです。

今、彼らに代わって我われがしてあげられることは、18歳までの生活支援と高等教育進学などの学費と平均的な生活費の仕送りまでです。父親が果たす精神的な支えや、社会教育などは勿論、及びもつきません。せめて郷土の英霊となった彼らを誇りに思ってもらいたいと考えていた23年9月の慰霊祭で、磯部分団の副分団長だった阿部健一さんの長女の彩音さんから、父を誇りに思うことや将来進学して人の役に立つ仕事に就きたいという弔辞を聞いたときは涙をこらえるのが精いっぱいでした。以来、復興の最大の目標は教育と考えています。

去年メルマガで書いた、故稲山正弘分団長の長男の大輝君は千葉県の大学への進学が決まりました。
しっかり勉強して4年後は消防士になり、将来は消防長になって相馬地方の防災のリーダーになってほしいと祈っています。大輝君が相馬を離れて学生生活を送るにあたり、学費の一切と月々7万6千円の生活費、また自動車学校の講習料を、この基金に協力してくださったお一人おひとりの気持ちを添えて、分団長に代わって送らせて頂きます。

拙稿の読者諸兄で、この子らをはじめ相馬の子どもたちに継続的なご支援をお考えの方がおいででしたら、大学進学までの学力向上のための基金「教育復興子育て基金」にご支援をお願いします。この基金により、被災した磯部中学校、中村第二中学校の生徒全員にiPADを与え、数学のドリル、漢字の書き取り、理科の教材などに利用して来ました。何より将来生き抜くためのIT習熟に一役買うと思っています。また仮設住宅の集会所に東京大学教育学部の大学院生を招いて週末に実施する「相馬寺子屋」の経費に充ててきました。その他にも、相馬の子どもたちの学力向上のために使うことにより、地域全体、特に遺児孤児たちが大学進学のための学力を身に付けるよう、一同頑張りたいと思っています。

相馬市長 立谷 秀清

IN LOCO PARENTIS (or ON BAHALF OF PARENTS)

As of December 31st 2012, the Soma City Earthquake Disaster Orphan Scholarship Fund established in April 2011 has almost reached its initial goal. To date, 490 million JPY has been contributed.
We are very happy to inform you that prospects are looking good to support the 51 children who lost their parents with their living expenses, such as college or vocational school tuitions, monthly allowances, and any other lessons or skills required as members of society, such as acquiring a driver's license. Were their parents alive today, they would be striving to support, raise and educate these children.
Approximately 10 million JPY per child was our target, so the total fund for the 51 children was aimed at 510 million JPY, but since it is also inexcusable to take more than necessary, we will close the fund as of March 31, 2013. Should there be a shortage of funds in the future, I would ask the mayors of Soma who succeed me for further support.

Those mayors of other cities with whom I’m close spread the word about the fund, and I received endorsement from a great number of individuals and people of organizations who subscribed to my e-mail magazine. With the warm-hearted support of people in Japan and in many other parts of the world, the wish of both myself and the citizens of Soma to care for the victims of the earthquake disaster and children who lost their parents is coming true, and I appreciate it from the bottom of my heart.

I began thinking about this fund while I was receiving the sad news that the bodies of our firefighters were being discovered one after the other. I felt a harsh pain in my heart when I pictured those firefighters helping citizens evacuate and what they must have thought when they saw the great tsunami. Most of them were in their 30s with children to raise. Thinking of them I was speechless, imagining their resentment that in the middle of life all the joy and responsibility of fatherhood was taken away.

Raising healthy children; children growing up to stand on their two feet; these are the things fathers live for, and the greatest joy in a father’s life. In other words, the best means for children to live in today’s tough and competitive society is to give them higher education. I’ll always empathize with their regret that in the middle of their life all the efforts they had made suddenly vanished.

On behalf of those parents, just a few things we can do to support their children is to raise money for their general living expenses, ensure that higher education is possible, and increase average monthly allowances until the children turn eighteen. We can never provide the mental support and social education that only a father can give. On the day of the disaster memorial service in September 2011, when I was hoping those children would at least feel proud that their fathers became our heroes, I had to hold back tears when Ayane, the eldest daughter of the late Isobe Area Brigade deputy, Mr. Kenichi Abe, gave a speech. She said that she is proud of her father and that she wants to go to a school to learn skills and techniques that she can utilize to help other people. Since then, my major objective in recovering from the disaster is education.

I am also happy to inform you that Daiki, the eldest son of the late deputy, Mr. Masahiro Inayama, will be attending a university in Chiba Prefecture. I am hoping he will join a fire brigade after his four years of study and go on to be the head of the fire department in the future, becoming a leader of disaster prevention in Soma City.

If any of my readers are thinking to continuously provide for children in Soma, including the 51 children who lost their parents, I would ask for your warm support of the “Kyoiku Fukko Kosodate Kikin - Children Educational Revival Fund” to help improve academic ability up until the children enter college. With this fund, we were able to present iPads to all the students in Isobe Junior High School and Nakamura Daini Junior High School that suffered from the disaster to help with their studies in math, kanji dictation, and science to name a few. Furthermore, they help the students get used to tablet devices, developing their I.T. skills for the future. The fund also helps support an invitation to graduate students from the Education Department of Tokyo University to teach children in temporary housing, “Soma Terakoya - Soma Temporary School” on weekends.
To continue supporting the educational programs in Soma for children to acquire the ability to enter university we all want to do the best we can.

Mayor Hidekiyo TACHIYA

 

震災孤児等の学業や生活を支援するための義援金を受け付けています

相馬市では、3月11日に発生した東日本大震災により親を亡くした孤児等へ支援金を支給するため、相馬市震災孤児等支援金支給基金を設置しました。

お寄せいただいた支援金は、大震災で孤児となった、または両親の一方を亡くした高校生以下の子どもたちを対象として、毎月3万円ずつを支給しています。

また、大学等に進学したときは、入学の年度は200万円を限度として修学資金及び入学資金の合計額の全額を支給し、次年度以降は毎年度150万円を限度として修学資金の全額を奨学金として支給しています。(ただし、学費免除の場合は支給しません)

加えて、大学等に進学した方には、生活費、教材費などを支援する資金を月額76,000円支給しています。

なお、平成24年度に大学等に進学された遺児孤児の方は、大学に1名、専門学校に1名です。

更に、自動車教習所に通い普通免許を取得した4名の方に教習費用の全額を支給しました。

今後とも趣旨をご理解いただき、皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

『震災孤児等支援金寄附申込書』(ワード形式 39KB)>>

お寄せいただいた義援金(平成25年2月28日現在)

▽義援金合計 505,738,495円(4,184件)
▽うち海外より 15,105,136円(81件)

名称

相馬市震災孤児等支援金  ※必ず記載をお願いします

口座番号

東邦銀行 相馬支店 店番号502 普通口座 1033249

※支援金専用口座となります。

口座名義

ソウマシシンサイコジシエンキン

その他記載

御氏名、電話番号    ※必ず記載をお願いします

税法上の措置

所得税法第78条第2項第1号の規定に基づく寄附金控除、地方税法第37条の2第1項第1号及び第314条の7第1項第1号の規定に基づく寄付金控除、法人税法第37条第3項第1号の規定に基づく損金として扱われます。

※税の軽減を受けるためには、支援金の受領書の添付など所定の手続きが必要です。

その他

受領書の発行を希望される方は、お手数でもご連絡をお願いします。その際には、郵便番号、住所、氏名、電話番号、振込先金融機関、振込日、振込金額などをお知らせ願います。

義援金を現金書留で送付される場合には、料金が免除になります

義援金を現金書留で送付される場合には、救助用郵便物の扱いとなり料金が免除になります。

料金免除になる郵便物の種類 :現金書留のみ

取扱期間 : 平成25年3月31日まで

取扱支局・郵便局 : 全国の支店・郵便局

郵便物の送付先 :

〒976-8601
福島県相馬市中村字北町63-3番地
相馬市役所 財政課

口座振込でご支援いただく皆様へのお願い

ご支援いただいた方の御氏名、御住所を、メールなどでお知らせいただければ幸いです。
お手数をお掛けしますが、併せてご協力いただきますようお願いいたします。

メールアドレス h-syakai@city.soma.fukushima.jp

問い合わせ先

社会福祉課(電話0244-37-2171 FAX0244-37-2162)

リンク

英語のページはこちら

Donate to the Orphan Scholarship Fund


前のページへ戻る

ホーム > 東日本大震災による災害情報 > 震災孤児等の学業・生活支援義援金の受付は平成25年3月31日をもって終了します