実施計画の平成18年度実績

平成18年3月に策定した「第三次相馬市行財政改革大綱」に基づく「実施計画」の平成18年度の活動実績をお知らせします。

取り組みの結果、その効果額は約6億円(削減額約4億円、収入額約2億円)となったほか、「DVの女性相談窓口の設置」、「奨学資金貸与制度の制定」、「Uターン窓口の設置」などの施策を実施しました。


(1)削減効果

徹底した見直しの結果、396,046千円を削減しました。

事務事業の簡素・効率化

実施内容 担当 削減額
(千円)
「地方財務実務提要」の追録中止 教育部総務課 △29
敬老会招待者及び敬老祝金支給者の年齢引き上げ(82歳→83歳) 健康福祉課 △1,190
敬老会の招待者に対する記念品の配布を中止 健康福祉課 △730
各種ポスター、チラシを直営で作成 関係各課 △236
市長交際費の支出内容の見直し 秘書課 △256
議長交際費の支出内容の見直し 議会事務局 △584
福島県知事選挙において、選挙事務の効率化に向けた取組みを実施 総務課 △1,053
光陽地区ソフトボール場の観客スタンド客土に6号バイパス工事の残土を利用 都市整備課 △4,400
中央児童センターの運営について、指定管理者制度を導入 社会福祉課 △3,924
相馬市総合福祉センターの運営について、指定管理者制度を導入 健康福祉課 △2,672
松川浦スポーツセンターの運営について、指定管理者制度を導入 スポーツ振興課 △3,320

組織機構の見直しと人材の育成

実施内容 担当 削減額
(千円)
退職者の不補充により、職員数8人削減 総務課 △50,537
一般給料の削減 総務課 △53,520
市長給料20%、助役・収入役・教育長の給料10%削減 総務課 △5,111
管理職手当の30%削減 総務課 △12,585

財政健全化の推進

実施内容 担当 削減額
(千円)
建設副産物の再利用及び技術基準・設計方法の見直しにより、コスト削減 財政課 △96,384
光陽パークゴルフ場の工事手法、内容等の見直し 関係各課 △40,058
公共下水道工事、農業集落排水工事の測量、設計業務を直営で実施し、コスト削減 下水道課 △8,764
維持補修工事等の測量、設計業務を直営で実施し、コスト削減 土木課 △15,547
光陽パークゴルフ場の設計業務を直営で実施 関係各課 △49,652
光陽地区ソフトボール場の設計業務を直営で実施 都市整備課 △1,500
飯豊小学校屋内運動場改築の設計業務を直営で実施 関係各課 △1,818
「新長期総合計画」を広く市民の参画を得ながら、自前で策定し、計画策定委託料等を削減 企画政策課 △25,787
市民の参画により除草業務等を実施 関係各課 △6,150
一般廃棄物埋立処分場不適混入物運搬処理業務委託の見直し 生活環境課 △2,730
住民情報システム改修の一部を直営で実施 情報政策課 △3,843
強風による倒木の伐採を直営で実施し、コスト削減 建築課 △62
光陽地区ソフトボール場のベンチを直営で制作し、コスト削減 都市整備課 △480
補助金交付額の削減(1件) 財政課 △414
議員報酬を2%削減 議会事務局 △2,002
議員報酬削減に伴い、議員共済会掛金市負担分の減額 議会事務局 △277
減便等を実施しコスト削減 企画政策課 △431

(2)収入

取り組みの結果、収入額は199,588千円となりました。

財政健全化の推進

実施内容 担当 収入額
(千円)
市税収納率向上対策事業を実施(5月、11月)? 税務課 15,789
住宅使用料滞納世帯に夜間徴収を実施 建築課 970
下水道受益者負担金未納者に対する納付督励 下水道課 2,032
遊休市有地を駐車場として貸付 財政課 1,239
活用計画のない市有地を10件処分 財政課 171,422
黒木田市営住宅に隣接している県有地を無償で借上げ、黒木田市営住宅駐車場として整備し、入居者に貸付(7月〜)12台分1,400円/月 建築課 151
一般国道115号阿武隈東道路の用地取得業務を福島河川国道事務所から受託 高速道路推進室 7,985

(3)その他

事務事業の簡素・効率化

実施内容 担当
DV対策として、DVの女性相談窓口を設置し法律的な助言、指導が必要な場合は、弁護相談費用を2回まで無料化・相談件数2件(2件とも弁護士へ相談) 社会福祉課
ワーキング・プア対策として、奨学資金貸与制度を制定・2名に貸与 学校教育課
桜丘小において、子供の居場所づくり事業「さくら子ども教室」を週3回実施 学校教育課
乗馬体験を実施に向けて騎馬会と検討し、H19年度から年6回開催することが決定 観光物産課
1行政区(中村西部6区)で自主防災組織を結成(全体で72行政区で71組織) 地域防災対策室
自衛隊と合同で総合防災訓練を実施:山上地区で実施(H18.9.9) 地域防災対策室
市役所本庁舎、地区公民館(東部、大野、飯豊、八幡、山上、日立木、磯部、玉野)、図書館、スポーツアリーナそうまに配備(計11か所)にAED(自動体外式除細動器)を配備 地域防災対策室

組織機構の見直しと人材の育成

実施内容 担当
市内企業(相馬市誘致企業連絡協議会の会員企業、従業員数が概ね50人以上の企業)の雇用情報を「広報そうま」および「ホームページ」に掲載・求人数:正社員161人、パート等91人 商工振興課

行政の情報化・行政情報の透明化

実施内容 担当
市ホームページの内容充実を図る
・防災・生活安全情報を掲示(H18.4〜)
・松川浦スポーツセンターのサイト開設(H18.8)
・光陽パークゴルフ場のサイト開設(H19.3)
情報政策課
道路整備の必要性に対する市民の理解を高めるため、東北の青年会議所が主体となって進めている「道路整備を訴える東北100万人署名活動」に参加(17,621人の署名) 高速道路推進室

お問い合わせ先

総務課行政管理係 電話0244-37-2120


前のページへ戻る

ホーム > 市の施策 > 行財政改革 > 実施計画の平成18年度実績