実施計画の平成14年度実績

平成14年9月に策定した「第二次相馬市行財政改革大綱」に基づく「実施計画」の平成14年度の活動実績をお知らせします。

取り組みの結果、約1億9千万円の削減効果、約6千万円の自主財源の確保、「証明書発行業務の時間延長」「年末、休日におけるごみ収集業務の実施」等の市民サービス向上の施策を実施しました。


(1)削減効果

削減額合計 192,424千円

事務事業の整理合理化・簡素化

実施内容 担当 削減額
(千円)
例規集電子化の一部実施 総務課 △ 4,000
「定期監査結果報告書」を自作発行に切替え 監査委員事務局 △ 266
「市公民館運営審議会資料」を自作発行に切替え 中央公民館 △ 100
公共工事コスト縮減 財政課 △ 79,225
向陽中学校校長室の冷房設備設置を取りやめ 教育委員会総務課 △ 3,000
パークゴルフ場休憩施設新設工事の中止 農林水産課 △ 2,200
松川浦大橋マラソン大会の運営全体について見直し事業費削減 生涯学習課 △ 6,842
市長交際費の支出の抑制 秘書広報室 △ 2,649
議長交際費の支出の抑制 議会事務局 △ 1,117
議員の海外行政視察の自粛 議会事務局 △ 2,556

市民サービスの向上

実施内容 担当 削減額
(千円)
窓口業務延長に係る時間外勤務について、フレックス制で対応 することにより、超勤手当を削減 市民課・税務課 △ 2,600

既に民間委託を行っている事務の見直し

実施内容 担当 削減額
(千円)
補助事業の軽微な測量業務委託を直営で実施(農業集落排水事業:5路線) 農林水産課 △ 800
幹線道路網計画策定業務委託について、委託内容を見直し、委託料を削減 都市計画課 △ 3,325
「第二次相馬市高齢者保健福祉計画(第二期相馬市介護保険事業計画)」を独自で作成 福祉課 △ 11,952

市単独補助金の整理合理化

実施内容 担当 削減額
(千円)
事業内容の精査による補助金の整理合理化 財政課 △ 771
補助金単価の見直し 財政課 △ 3,750
補助金交付団体内の合理化 財政課 △ 2,681
相馬市福祉会(相馬ホーム)デイサービス事業に対する補助金の廃止 福祉課 △ 13,100
相馬市社会福祉協議会デイサービス事業に対する補助金の廃止 福祉課 △ 11,400

市単独補助金の終期設定

実施内容 担当 削減額
(千円)
市単独補助金の終期設定による補助金の廃止 財政課 △ 50

第三セクター等の経営健全化施策の促進

実施内容 担当 削減額
(千円)
相馬総合卸売市場鰍フ借入金借り換えにより、債務保証額を減額 財政課・農林水産課 △ 13,663

定員管理の適正化推進

実施内容 担当 削減額
(千円)
退職職員の不補充による人件費減 総務課 △ 22,827

給与の適正化推進

実施内容 担当 削減額
(千円)
四役の給料5%削減 総務課 △ 1,952

諸手当の見直し

実施内容 担当 削減額
(千円)
管理職手当の5%削減 総務課 △ 1,598

(2)収入

収入額合計 59,364千円

自主財源の確保

実施内容 担当 収入額
(千円)
管理職員による、市税収納率向上特別対策事業を5月、12月に実施 税務課 11,994
遊休市有地を駐車場として3件貸付 財政課 1,271
未活用市有地を6件処分(売払い) 財政課 46,099

(3)市民サービスの向上

証明書発行業務の時間延長

実施内容 担当 実績
H14年9月より、週3回、19時まで時間延長 市民課、税務課 749件
H14年12月30日8時から15時まで証明書等発行業務を実施 市民課、税務課 27件
H15年3月24日から31日まで、土日を除く毎日時間延長を実施 市民課、税務課 26件

年末・休日におけるごみ収集業務の運用を検討し、実施する

実施内容 担当 実績
H14年9月より、祝日におけるごみ収集業務を実施 生活環境課 8日

総合窓口の開設について検討し、実施する

実施内容 担当 実績
市民課証明書等、税務課証明の受付業務を市民課窓口で一本化 市民課、税務課 H15年3月〜

角田公園整備事業

実施内容 担当 実績
補助事業を利用することにより、角田公園内にテニスコートを新設。 都市計画課 事業費133,665千円
補助金133,073千円
市負担分
592千円

お問い合わせ先

総務課行政管理係 電話0244-37-2120


前のページへ戻る

ホーム > 市の施策 > 行財政改革 > 実施計画の平成14年度実績