7 職員の福祉及び利益の保護の状況

(1)健康管理の実施状況

疾病の予防、早期発見を図るため、定期健康診断等各種健康診断等を実施し、職員の健康管理に努めています。

平成16年度の実施状況は、次のとおりです。

I 健康診断等

(単位:人)

項目 対象者 受診者数
生活習慣病予防検診(30歳以上) 30歳以上の全職員
156
生活習慣病予防検診(30歳未満) 30歳未満の全職員
35
日帰り人間ドック 全職員
166
婦人科検診(子宮がん) 20歳以上の女子職員で希望する者
11

II その他の健康管理事業

(単位:人)

項目 事業概要等  
職員の心の健康管理研修会 心と体の健康づくり
53
職員の健康管理講演会 健康に関する講演会
50
メンタルヘルスセミナー メンタルヘルスの研修

(2)安全衛生の状況

職員の安全の確保及び健康の保持促進を図るため、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)及び相馬市職員安全衛生管理規則(平成元年規則21号)の基づき、主任衛生管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者、健康管理医等を選任するとともに、安全衛生委員会を組織し、職員の安全衛生管理に努めています。

また、平成16年度における公務災害・通勤災害の状況は、次のとおりです。

区分 平成16年度中
申請件数
平成16年度中認定状況 平成16年度末
未認定件数
公務上 公務外
公務災害
1
1
 
1
 
通勤災害          
合計
1
1
 
1
 

(3)職員の利益の保護の状況

職員の利益は、勤務条件に関する措置要求制度及び不利益処分に対する不服申立て制度により保護されています。


前のページへ戻る

ホーム > 市政のうごき > 人事行政の運営等の状況 > 17年度 > 職員の福祉及び利益の保護