5 職員の服務の状況

職員の服務については、地方公務員法第30条に根本基準が定められているほか、次のような職務上の義務や制限が課されています。

・法令等及び上司の職務上の命令に従う義務
・信用失墜行為の禁止
・秘密を守る義務
・職務に専念する義務
・政治的行為の制限
・争議行為等の禁止
・営業企業等の従事制限

これらの服務規律を保持するため、職員に対しては、注意を喚起し、その徹底を図っています。

平成16年度の服務規律の遵守に関する主な取組みは、次のとおりです。

取組内容 方法等
職員の服務規律の厳正な保持について、定期的に周知したほか、選挙実施の際等必要に応じて随時、職員への周知を図った。 庁内LAN、文書等により職員の周知を図ったほか、打合せ等の場においても所属職員への周知徹底に努めた。

前のページへ戻る

ホーム > 市政のうごき > 人事行政の運営等の状況 > 17年度 > 職員の服務