平成27年度決算の概要

平成27年度の一般会計決算額は、歳入314億5,843万円(対前年度比25.1%減)に対し、歳出285億6,712万円(同26.0%減)となり、歳入歳出の差引は28億9,131万円となりました。ここから継続費、繰越明許費及び事故繰越に係る繰越額19億1,604万円を差引した残額の9億7,527万円が黒字額となります。このうち4億9,000万円を財政調整基金(市の貯金)に積立し、残り4億8,527万円を翌年度へ繰越しました。

一般会計決算 歳入・歳出グラフ

◆歳入 314億5,843万円

平成27年歳入

◆歳出 285億6,712万円

平成27年歳出

◆市民一人あたり

住民基本台帳人口 35,811人(平成28年3月31日現在)

納めていただいた市税 147,166円
市民税 個人市民税、法人市民税 65,256円
固定資産税 土地・家屋償却資産など 66,103円
その他の市税 軽自動車税、市たばこ税など 15,810円
行政サービスに要する経費 799,438円
総務費 窓口サービスや情報化のために 160,421円
民生費 社会福祉のために 130,761円
衛生費 感染症予防やごみ処理のために 81,106円
農林水産費 農林水産業の振興のために 123,327円
土木費 道路・市営住宅などの整備のために 149,248円
教育費 学校教育・社会教育のために 63,206円
公債費 市の借入金の返済のために 36,547円
その他 議会費、商工費、災害復旧費 54,822円

特別会計決算

会計区分 収入決算額 支出決算額
国民健康保険 50億5,808万円 49億0,362万円
後期高齢者医療 3億7,946万円 3億7,709万円
介護保険 32億6,452万円 31億3,655万円
公共下水道事業 50億4,395万円 47億7,214万円
農業集落排水事業 4,613万円 4,303万円
光陽地区造成事業 7億9,418万円 7億5,153万円
合計 145億8,632万円 139億8,396万円

借入金現在高

会計別 平成27年度の借り入れ 現在高 対前年度増減
一般会計 臨時財政対策債 5億5,000万円 138億0,807万円 △3億9,738万円
土木債(災害市営住宅建設、道路整備) 4,820万円
教育債(中一中体育館、中二中設計) 1億3,160万円
消防債(小型ポンプ・積載車購入) 960万円
公共下水道事業 下水道施設の整備 5億6,200万円 98億8,177万円 △3億4,654万円
農業集落排水事業 借り入れなし 4億1,881万円 △2,480万円
合計 13億0,140万円 241億0,865万円 △7億6,872万円

市の財産の状況

土地 12,985,363u
建物 199,688u
有価証券 3億1,221万円
出資金 35億6,207万円
債権 13億1,199万円
自動車など 219台ほか
基金 307億0,817万円
  財政調整基金 59億2,510万円
東日本大震災復興交付金基金 186億5,573万円
その他基金 61億2,734万円

問い合わせ先

財政課財政係 電話 0244-37-2123


前のページへ戻る

ホーム > 市政のうごき > 相馬市の財政 > 平成27年度決算の概要