トピックス詳細

 

 第1棟目の相馬井戸端長屋 入居者へ鍵引渡し式

掲載日 2012-05-09

被災高齢者向け公営住宅・相馬井戸端長屋・第1号棟入居者への鍵引渡し式は5月9日、同施設で行われました。

式には、入居が確定している5世帯のうち、4世帯が出席。
立谷市長は「第1棟目となる井戸端長屋。お互い声を掛けあって、仲良く暮らしてもらえればありがたい」とあいさつし、入居者一人ひとりに鍵を手渡しました。

この井戸端長屋には12世帯分の個室が備え付けられ、全館バリアフリー。
一堂に会して歓談することのできる共助スペースなどが設けられ、共助の精神で見守り合うことのできる設計になっています。

馬場野の井戸端長屋は、給湯設備が寄付されたことにより無料で使用できるほか、馬場野地区住民の有志によるワゴン車での買物支援送迎体制なども整っています。

入居者は「いい部屋だね」、「入居できてうれしい」と話をしながら、室内を見ていました。

市では現在、さらに馬場野に1棟を建設中。これら以外にも3棟の建設を計画しています。

●相馬井戸端長屋についての問い合わせ先 市役所建築課(電話0244-37-2179)

(写真上:入居者への鍵引渡し、中:相馬井戸端長屋外観、下:共助スペース)

[2012年5月2日 完成した相馬井戸端長屋 ダウ・ケミカルから引き渡し]

[市長エッセー「相馬井戸端長屋」メールマガジンNo.265]

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細