トピックス詳細

 

 相馬民謡の後継者を育成 子ども民謡教室開校式

掲載日 2018-06-07

市内の小・中学生を対象にした子ども民謡教室の開校式が6月1日、市民会館の和室で開催され、16人の小・中学生が参加しました。

この教室は、市教育委員会の主催により、相馬民謡同好会の協力を得て、相馬民謡の継承を目的に開かれる教室です。
昨年に引き続き2年目。
生徒数は、1年目9人、2年目11人の合計20人。

式では、堀川利夫教育長が「諦めないで頑張ればきっと上達します。頑張ってください」とあいさつしました。
その後、同教室の講師が紹介され、相馬大漁祝唄や相馬盆唄など相馬民謡4曲が披露されました。

教室は、毎月第一、第三金曜日と第二、第四木曜日に開かれ、まずは8月4日に開催される相馬盆唄大会を目標に、生徒たちは練習に励みます。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細