トピックス詳細

 

 後世に残す 相馬駒焼の寄贈

掲載日 2018-05-15

岡村駿一郎さん(名古屋市)は5月7日、第12代田代清治右衛門の作品である相馬駒焼「灰釉野馬追花瓶」を市に寄贈しました。

寄贈は市に相馬駒焼の窯元があることから岡村さんの厚意により実現し、当日は、本人に代わって関係者の方たちから寄贈を受け、堀川利夫教育長は、いただいた寄贈への感謝の気持ちを述べました。

共箱の墨書には、明治34(1901)年に東京で開催された第一回全国窯業品共進会受賞者12名による記念製作品であることが記されています。

寄贈いただいた駒焼は、7月下旬開催予定の歴史資料収蔵館企画展「田代駒焼展」で展示予定です。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細