トピックス詳細

 

 7年ぶりに初出荷 松川浦の乾燥ノリ

掲載日 2018-02-20

東日本大震災後初となる松川浦の青ノリ(乾燥ノリ)の初出荷(試験操業)が2月20日、ついに開始しました。

松川浦の青ノリ(生ノリ)は、本年2月5日に試験操業が開始しておりましたが、乾燥ノリの初出荷は本日からスタート。

初出荷に向け摘み取られていた青ノリは漁業者の手により乾燥され、箱に梱包された形で相馬双葉漁業協同組合松川浦支所に搬入。
その後、相馬双葉漁協関係者により計量と検品が行われ、乾燥ノリの出来具合によって箱が振り分けられました。
この日搬入された乾燥ノリは、1箱10キログラムの箱で27箱。

検品を終え振り分けられた乾燥ノリは、市内で流通されます。

写真上から
▽次々に搬入される乾燥ノリ
▽乾燥ノリの検品作業
▽振り分けられる乾燥ノリ

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細