トピックス詳細

 

 相馬の文化に触れる 市歴史文化トークセッション

掲載日 2018-02-19

市歴史文化トークセッション「暮らしのなかの伝統と文化」は2月10日、市民会館で行われ、約70人の参加者が相馬の身近な暮らしの変遷に触れました。

このトークセッションは、コーディネーターに岩崎真幸さん(みちのく民俗文化研究所代表)、パネリストに佐々木長生さん(福島県民俗学会会長)と鈴木岩弓さん(東北大学教養教育院総長特命教授)の3人を迎え開催。

当イベントは、市史「民俗編」の発刊に合わせた企画となっており、コーディネーターを含む3人は「民俗編」の執筆に携わった3人です。

トークセッションはなりわいや祭礼などから見た相馬の民俗をテーマに意見交換が交わされ、参加者はメモを取りながら真剣に聞き入り、質疑コーナーでは参加者から多くの質問が出るなど相馬の身近な暮らしの変遷に深く踏み込んだイベントとなりました。

◎市史「民俗編」は市内書店などで販売中です。
※既刊市史も販売しています。

▽販売場所 広文堂書店、丁字屋書店、図書館、歴史資料収蔵館、市史編さん室

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細