トピックス詳細

 

 各校が練習の成果を披露 相馬・新地地区小・中学校音楽祭

掲載日 2017-11-08

第58回相馬・新地地区小・中学校音楽祭は11月2日、市民会館で開かれ、両地区の17校と特別出演の相馬支援学校が出演し、大勢の児童・生徒たちが練習の成果を披露しました。

市と新地町の教育委員会が主催。
開会式では、堀川利夫教育長と林宗一郎市小中学校長会会長があいさつしました。

「BELIEVE」の全体合唱に続き各校が次々とステージに登壇。

各校が練習してきた「ひまわりの約束」や「ヤングマン(Y.M.C.A)」などの合奏や南アフリカの歌である「ショーショローザ」や「時を越えて」などの合唱、「シュガーソングとビターステップ」などの吹奏楽まで、幅広いジャンルの音楽を演奏しました。

会場には、大勢の保護者らが詰めかけ、わが子の晴れの姿に拍手を送っていました。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細