トピックス詳細

 

 「報徳記から見えること」 第40回文化講演会

掲載日 2017-10-16

第40回相馬市文化講演会「報徳記から見えること」は10月8日、市民会館で開かれ、市民ら約40人が参加しました。

市教育委員会、相馬郷土研究会、一般社団法人相馬報徳社の共催。

文化講演会は、相馬市史編さん専門委員の今村昭司さんを講師に迎えて行われました。

参加者は、中村藩史である富田高慶が著した「報徳記」から読み取れる二宮金次郎(尊徳)の誕生や相馬仕法などの説明を受け、真剣にメモを取りながら聞き入りました。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細