トピックス詳細

 

 灯籠に思いを込め 松川浦で流灯会

掲載日 2017-08-18

海で命を失った人々を供養する流灯会は8月10日、松川浦漁港で開かれました。

相馬双葉漁業協同組合(立谷寛治組合長)が、海上遭難者を供養するため毎年開催しているもので、東日本大震災後は震災の犠牲者も慰霊しています。

漁業関係者や震災遺族らが参加。

手作りの灯籠300基が海に流され、参加者は犠牲者の冥福を祈り、静かに灯籠を見送りました。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細