トピックス詳細

 

 相馬の夏の風物詩 玉ノ井部屋土俵開き

掲載日 2017-08-07

大相撲玉ノ井部屋の相馬夏合宿土俵開きは8月3日、松川浦スポーツセンター相撲道場で行われました。

この日、志賀駿男先代親方や力士、玉ノ井部屋相馬市後援会などの関係者が出席して土俵開きを行い、合宿中の安全と力士たちの活躍を祈願しました。

土俵開きでは、立谷一郎後援会長が「いい環境でたくさん練習して強くなってほしい」と力士を激励し、立谷市長が歓迎の言葉を述べました。

志賀先代親方は、関係者へ感謝を伝え「これから20日間稽古していい結果を皆さまに報告できるようにしたい」と抱負を述べ、力士一人一人が自己紹介と意気込みを語りました。

続いて、JAふくしま未来が地元産のコメ3俵を相馬双葉漁業協同組合から相馬で水揚げされたタコなどを贈呈しました。

相馬夏合宿は、8月20日まで。力士たちが稽古に励み、大瓜市や盆踊りなど夏のイベントで市民と交流します。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細