トピックス詳細

 

 復興のシンボルとして評価 原釜荷捌施設が全建賞受賞

掲載日 2017-07-05

6月27日、全日本建設技術協会が都内で開いた全建賞授賞式において、原釜荷捌施設が港湾部門の復興事業特別枠を受賞しました。

全建賞とは、良質な社会資本整備の推進と建設技術の発展を促進するために設けられたもので、インフラ整備やその時々のニーズに沿った取り組みに贈られるものです。

受賞した原釜荷捌施設は、本市の歴史と伝統に配慮した和風デザインであることや膜屋根を採用し開放的な空間を実現したこと、復興のシンボルとして利用されていることが評価され今回の受賞となりました。

なお、平成25年度の「馬場野地区井戸端長屋」に続き2度目の受賞です。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細