トピックス詳細

 

 相馬民謡の後継者を育成 子ども民謡教室開校式

掲載日 2017-06-06

市内の小学生を対象にした子ども民謡教室の開校式が6月2日、市民会館の和室で開催され14名の小学生が参加しました。

この教室は、市教育委員会の主催で相馬民謡同好会の協力を得て、相馬民謡の継承を目的に開かれます。

式では、立谷市長が「この民謡教室で学ぶことは、みなさんの一生の財産になります。伝統を継承するためにもがんばってください」とあいさつしました。
その後、同教室の講師が紹介され、相馬大漁祝唄や相馬盆唄など相馬民謡4曲が披露されました。

受講生は、毎月第一、第三金曜日に講師から三味線、尺八、太鼓などを学びます。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細