トピックス詳細

 

 相馬エネルギーパークと市 立地に関する基本協定調印

掲載日 2017-03-15

光陽地区の工業団地に火力発電所を建設している相馬エネルギーパーク合同会社と市は3月9日、工場立地に関する基本協定の調印式を行いました。

式には、相馬エネルギーパーク合同会社の細川展久代表社員OR火力株式会社職務執行者、川端秀治発電所長、増田健二郎管理部長、御代典文相双地方振興局長、植村恵治市議会議長、只野敬三産業建設常任委員会委員長らが出席しました。

細川代表社員と立谷市長が署名し協定書を取り交わし、立谷市長が「新たなお付き合いの中で、お互いが発展することを願います」、細川代表社員が「安心安全に配慮しながら地元に貢献していきたい」とあいさつし、御代局長と植村議長から祝辞が述べられました。

同社の火力発電所は、平成30年3月の操業開始を目指し建設が進められており、石炭と木質バイオマスを燃料とする環境に配慮された発電所です。

 

前のページへ戻る

ホーム > トピックス一覧 > トピックス詳細