投票について

投票日に投票できない方のための制度

不在者投票

仕事や旅行などで、選挙期間中、相馬市以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
また、指定病院等に入院(入所)している方などは、その施設内で不在者投票ができます。
投票日には選挙権を有することとなるが、選挙期日前において投票を行おうとする日には未だ選挙権を有しない方(例えば、投票日には18歳を迎えるが、投票日前ではまだ17歳のため、選挙権を有しない方など)については、期日前投票をすることができないので、相馬市選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。

●不在者投票の手続

1 相馬市以外の市区町村選挙管理委員会における不在者投票

相馬市選挙管理委員会に、直接または郵便等で不在者投票請求書(宣誓書)により投票用紙や不在者投票用封筒などを請求します。
交付された投票用紙などを持参して、滞在する市区町村の選挙管理委員会に出向きます。
なお、この制度は郵便を利用しますので、郵送の日数を考慮して早めに手続きをしてください。

不在者投票請求書(宣誓書) 記入例(PDF 176KB) >>  様式(PDF 75KB) >>

2 指定病院等における不在者投票

都道府県選挙管理委員会が指定する病院や施設等に入院・入所中の方は、入所施設等で不在者投票をすることができます。投票用紙などは病院長等の不在者投票管理者を通じて請求することができますので、不在者投票を希望する場合は、施設の受付等に申し出てください。

3 郵便等による不在者投票

身体障害者手帳や戦傷病者手帳をお持ちの方で次のような障害のある方、介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方は自宅などで郵便による不在者投票ができます。
投票の際は「郵便等投票証明書」が必要になりますので、該当される方はあらかじめ申請してください。

【郵便等による不在者投票】

○対象者(◎印の該当者)

身体障害者手帳 障害の程度
1級
2級
3級
両下肢、体幹、移動機能の障害
 
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害
 
免疫、肝臓の障害
戦傷病者手帳 障害の程度
特別項症
第1項症
第2項症
第3項症
両下肢、体幹の障害
 
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害

※手帳の記載では該当するかどうか分からないときは、選挙管理委員会までお問い合わせください。

介護保険被保険者証
要介護状態区分
「要介護5」

○郵便等投票証明書の交付申請
郵便投票を希望される方はあらかじめ、郵便等による不在者投票をすることができる者であることを証明する「郵便等投票証明書」の交付を申請してください。
(選挙前に限らず、申請することが可能です)

<必要書類>
郵便等投票証明交付申請書(氏名は本人が記入してください)(PDF 9KB) >>
・身体障害者手帳又は戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証
申請後、郵便等投票証明書は郵便等より選挙人へ送付します。郵便等投票証明書は選挙のたびに必要になりますので大切に保管してください。

○投票手続
選挙の時期には、選挙管理委員会から郵便等投票証明書を持っている方に投票用紙等の請求のための通知を差し上げます。送付された請求書に必要事項を記入のうえ(氏名は自筆)、郵便等投票証明書と一緒に選挙管理委員会へ請求してください。
折り返し投票用紙・投票用封筒を郵便等により送付します。その後、自宅等で、投票用紙に候補者名等を記載し、投票用封筒に入れた後、その表面に署名して、選挙管理委員会に郵便等により送付してください。
※郵便投票による不在者投票の請求ができるのは、投票日の4日前までです

郵便による不在者投票請求書(氏名は本人が記入してください)(PDF 15KB) >>

郵便等による不在者投票における代理記載制度】

○対象者(◎印の該当者)
郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、さらに、自ら投票の記載をすることができない者として定められた次のような障害がある方は、代理記載の制度を利用してあらかじめ選挙管理委員会委員長に届け出た者(選挙権を有する者に限る)に投票に関する記載をさせることができます。

身体障害者手帳 障害名 障害の程度
1級
上肢、視覚の障害
戦傷病者手帳 障害名 障害の程度
特別項症
第1項症
第2項症
上肢、視覚の障害

※手帳の記載では該当するかどうか分からないときは、選挙管理委員会までお問い合わせください。

○手続
代理記載の方法による投票を行うためには、郵便等投票証明書の交付申請に加えて、あらかじめ次の手続を行っておく必要があります。
また、郵便等投票証明書の交付申請の手続きと同時に行うことも可能です。
(選挙前に限らず、申請することが可能です)

<必要書類>

郵便等投票証明書を
初めて申請する方
すでに郵便等投票証明書を
お持ちの方
郵便等投票証明書交付申請書(代理記載用)(PDF 9KB) >>

代理記載人届出書(PDF 8KB) >>

同意書及び宣誓書(PDF 8KB) >>

・身体障害者手帳又は戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証
郵便等投票証明書交付申請書(既所持者用)(PDF 8KB) >>

代理記載人届出書(PDF 8KB) >>

同意書及び宣誓書(PDF 8KB) >>

・身体障害者手帳又は戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証 ・郵便等投票証明書

○代理記載による投票手続
選挙の時期には、選挙管理委員会から郵便等投票証明書をお持ちの方に投票用紙等の請求のための通知を差し上げます。送付された請求書に必要事項を記入のうえ(代理記載人の署名が必要)、郵便等投票証明書と一緒に選挙管理委員会へ請求してください。
折り返し投票用紙・投票用封筒を郵便等により送付します。その後、自宅等で、代理記載人が投票用紙に候補者名等を記載し、投票用封筒に入れた後、その表面に署名して、選挙管理委員会に郵便等により送付してください。
※郵便投票による不在者投票の請求ができるのは、投票日の4日前までです。

郵便による不在者投票請求書(代理記載用) (PDF 16KB) >>


前のページへ戻る