その他

福島海区漁業調整委員会委員選挙

海区漁業調整委員会とは漁業法の規定に基づき、設置された海区又は海域の区域内における漁業に関する事項を処理するために都道府県に設置されている行政委員会です。
委員は選挙による委員と学識経験委員、公営代表委員で構成されており、福島海区漁業調整委員会委員の選挙による委員は9名(総数15名)です。
福島海区漁業調整委員会委員選挙は福島県選挙管理委員会が管理し、福島海区に沿う10市町の選挙管理委員会が所要の事務を行います。

選挙権と被選挙権の要件

●満18歳以上の漁業者又は漁業従事者

●福島海区に沿う市町村に住所又は事業所を有すること

●1年に90日以上、漁船を使用する漁業を営み又はこれに従事すること

※ただし、公職選挙法に規定する消極的要件に該当する場合は選挙権・被選挙権が制限されます

選挙人名簿の調製

海区漁業調整委員会選挙人名簿は有権者による申請に基づき調製されます。選挙権を有していても選挙人名簿に登録されていないと、その年に行われる選挙では投票することができなくなりますので、有権者の方は、毎年忘れずに申請しましょう

基準日 9月1日
申請期限(所属する漁協又は選管へ提出) 9月5日
縦覧期間 10月20日〜11月3日
確定日 12月5日

参考

海区漁業調整委員会委員選挙は選挙人名簿や選挙権や被選挙権などのほか、次のような点で市議会議員選挙や県議会議員選挙と異なります。

●立候補に伴う供託制度がありません
公職選挙法の規定を準用しておらず、立候補において供託制度がありません。

●選挙運動の制限が緩和されています
署名運動、飲食物の提供、文書図画の掲示等についての禁止や制限が準用されておらず、選挙運動の規制は緩和されています。

●選挙公営制度がありません
自動車の使用、通常ハガキの交付、ポスター掲示板の設置など、候補者の選挙活動を公費で賄う選挙公営制度が原則、採用されていません。

●投票所が一般選挙とは異なる場合があります
海区調製委員会委員選挙は1カ所です。

●選挙人名簿の閲覧はできません
公職選挙法の規定を準用していないため、選挙人名簿を閲覧することはできません。

 


前のページへ戻る