選挙について

選挙の種類と期日

選挙の種類

< 国政選挙 >

選挙 衆議院議員選挙 参議院議員選挙
選挙区
小選挙区
比例代表
選挙区
比例代表
■相馬市が属するのは
福島県
第1選挙区※
東北ブロック
福島県選挙区
定数
( )は総定数
1人(295人)
13人(176人)
2人(146人)
96人
任期
4年(解散あり)
6年(3年ごとに半数改選)
公示日
12日前
17日前

※福島第1選挙区:福島市・相馬市・南相馬市・伊達市・伊達郡・相馬郡
◎最高裁判所裁判官の国民審査は、衆議院議員の選挙と合わせて実施されます。

< 地方選挙 >

選挙
( )は相馬市が
属する選挙区
福島県知事
選挙
福島県議会
議員選挙
(相馬市・相馬郡
新地町選挙区)
相馬市長
選挙
相馬市議会議員
選挙
定数
( )は総定数
1人
1人(58人)
1人
20人
任期
4年
4年
4年
4年
告示日
17日前
9日前
7日前
7日前

選挙の期日

選挙期日とは選挙当日のことです。任期満了や議会の解散、欠員などにより選挙が必要になった場合、まずこの選挙期日が決定されます。
選挙期日は、議会や行政に空白をつくらないよう、一定の期間内に設定することが選挙の種類ごとに公職選挙法で定められています。

選挙区分 任期満了による 解散による
衆議院議員選挙 議員の任期が終る日の前の30日以内。
ただし、この期間が国会開会中又は国会閉会の日から23日以内にかかる場合は、国会閉会の日から24日以後30日以内
解散の日から40日以内
参議院議員選挙 議員の任期が終る日の前の30日以内。
ただし、この期間が参議院開会中又は参議院閉会の日から23日以内にかかる場合は、参議院閉会の日から24日以後30日以内
都道府県知事選挙 任期が終る日の前30日以内
都道府県議会議員選挙 解散の日から40日以内
市町村長選挙
市町村議会議員選挙 解散の日から40日以内

特別な選挙

再選挙 選挙が行われても、必要な数だけの当選人が決まらなかったり、投票日の後で当選人の死亡、当選の無効があったなどの場合で、繰上当選などによっても当選人がなお不足する場合に行われる選挙。一人でも不足する時に行われるものと、不足が一定数に達した時に行われるものがあります。
補欠選挙 選挙の当選人が議員となった後に死亡や退職し、繰上当選によっても議員の定数が不足する場合に行われる選挙。再選挙とは、その人がすでに議員であるかないかという点が違います。ただし、すでに議員であっても選挙違反などにより当選や選挙自体が無効となった場合は、再選挙となります。
(国の選挙の場合、原則として、年2回、4月と10月の第4日曜日に行われます。)
増員選挙 議員の任期中に、議員の定数を増やして行われる地方公共団体の議会の議員の選挙。

※都道府県議会や市町村議会の議員の再選挙、補欠選挙または増員選挙は、任期が終わる6カ月以内に当該選挙を行うべき事由が生じた場合には議員の数が定員の3分の2に達しなくなったときを除いて、行わないこととされています。

現在の首長・議員等の任期満了日

種類 任期 平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度
衆議院議員
4年
H30.12.13
参議院議員
6年
H28.7.25
H31.7.28
福島県知事
4年
 
H30.11.11
福島県議会議員
4年
 
H31.11.19
相馬市長
4年
 
H30.1.18
相馬市議会議員
4年
 
H31.11.19
相馬市農業委員
3年
 
H30.7.7
福島海区漁業調整委員
4年
H28.8.14
そうま土地改良区総代
4年
H28.5.25

めいすいくん


前のページへ戻る