市史編さん室の刊行物

(新)相馬市史

市制施行50周年(平成16年3月31日)を記念して、相馬市の歴史などを広く知っていただくために、新たな『相馬市史』編さん作業に取り組んでいます。

●全巻の構成

(新)相馬市史
書籍名
相馬市史 第1巻 通史編T 原始・古代・中世
相馬市史 第2巻 通史編U 近世
相馬市史 第3巻 通史編V 近代・現代
相馬市史 第4巻 資料編T 原始・古代
相馬市史 第4巻 資料編T 中世
相馬市史 第5巻 資料編U 近世1
相馬市史 第6巻 資料編V 近世2  
相馬市史 第7巻 資料編W 近代・現代
相馬市史 第8巻 特別編T 自然  
相馬市史 第9巻 特別編U 民俗  

全9巻10冊を刊行予定で、現在、下記5冊を販売しています。

書籍名 販売価格(税込) 発刊年 重量 サイズ
相馬市史 第4巻 資料編T 原始・古代 5,000円 平成27年 約2.2kg B5判
相馬市史 第6巻 資料編V 近世2   5,000円 平成25年 約2.5kg B5判
相馬市史 第7巻 資料編W 近代・現代 5,000円 平成30年 約1.9kg B5判
相馬市史 第8巻 特別編T 自然   5,000円 平成27年 約2.6kg B5判
相馬市史 第9巻 特別編U 民俗  5,000円 平成29年 約2.5kg B5判

 

相馬市史 第4巻 資料編T 原始・古代

第4巻 資料編T 原始・古代原始・古代資料の集大成。「文献史料」は129点を厳選し、古墳時代・奈良時代・平安時代に分けて収録、解説。「考古資料」は、市内の主要205遺跡を網羅し、最新の調査研究成果を豊富なカラー写真と精密な実測図を用いて解説。全870ページ。遺跡分布図付き。

▽「考古資料」 目次 (PDF 2.51MB) >>

▽「文献史料」 目次 (PDF 661KB) >>

 

 

 

 

 

相馬市史 第6巻 資料編V 近世2

第6巻 資料編V 近世2相馬市の近世期(江戸時代)の村の様子が分かる431点の貴重な史料を収録。全1,300ページ。

▽ 目次 (PDF 558KB) >>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬市史 第7巻 資料編W 近代・現代

相馬市史 第7巻 資料編W 近代・現代明治期から市制施行50周年(平成16年3月)までの行政・産業・社会・教育・文化の発展と、これらを推進してきた多くの人々の足跡を明らかにする資料を取り上げた1冊。全922ページ。

▽ 目次 (PDF 1.82MB) >>

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬市史 第8巻 特別編T 自然

相馬市史 第8巻 特別編T 自然松川浦・霊山をはじめとした市内の自然環境や、そこに生きる動植物の生態を「地形・地質・気候」「植物」「動物」の章ごとに、豊富な図版を盛り込み解説。全885ページ。別冊資料集(動植物目録)全232ページ付き。

▽「本編」 目次 (PDF 482KB) >>

▽「別冊資料集(動植物目録)」 目次 (PDF 472KB) >>

 

 

 

 

 

 

相馬市史 第9巻 特別編U 民俗

相馬市史 第9巻 特別編U 民俗第41回福島民報出版文化賞正賞(最高賞)受賞!自治体史の正賞受賞は初めてで、親しみやすく柔らかい文章が評価されました。
209項目の読み切り構成で、「今」と「昔」、「震災前」と「震災後」など、さまざまな時点での「人びとの暮らしの変遷」に着目し、500人を超える市民から聞いた話をたくさんの写真を用いながら解説。また、付録DVD(2枚組)として市内各地の15の神楽や磯部の子ども手踊などの映像を合計5時間以上収録。変わったもの、変わらないもの―新たな発見ができる1冊。全942ページ。

▽「本編」 目次 (PDF 2.02MB) >>

▽付録DVD収録内容 (PDF 2.07MB) >>

付録DVDイメージ >>

 

 

 

 

 

(旧)相馬市史

(旧)相馬市史(旧)『相馬市史』は、昭和44年から58年にかけて全6巻が刊行されました。第3〜6巻は完売のため、第1、2巻のみを販売しています。
なお、発刊後すでに数十年が経過しているため、経年劣化 による日焼け・色あせ・黄ばみなどが見られますので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

 

書籍名 販売価格(税込) 発刊年 重量 サイズ
(旧)相馬市史 第1巻 通史編 6,300円 昭和58年 約2kg A5判
(旧)相馬市史 第2巻 各論編1 7,350円 昭和53年 約2.7kg A5判

 

(旧)相馬市史 第1巻 通史編

相馬市のみでなく旧相馬中村藩領全域にわたり、「原始編」「古代編」「中世編」「近世編」「近代編(大正時代まで)」に分けて詳述した通史編。年表付き。全1,297ページ。

▽目次 (PDF 995KB) >>

 

(旧)相馬市史 第2巻 各論編1

相馬に関する論文をまとめて収録。「論考上巻」(全818ページ)と「論考下巻」(全774ページ)の2巻で1セットです。

▽目次 (PDF 363KB) >>

 

 

その他の相馬市史編さん刊行物

衆臣家譜

衆臣家譜奥州相馬中村藩を支えた家臣の系図を記した相馬家所蔵の「衆臣家譜」全102冊からなる原本を全18巻に再編集した翻刻本です。

▽衆臣家譜掲載家名一覧
(五十音順) (PDF 127KB) >>

▽衆臣家譜掲載家名一覧(巻別) (PDF 134KB) >>

▽衆臣家譜の販売価格などはこちら (PDF 91KB) >>

 

史料所在調査報告書

史料所在調査報告書平成18〜21年度に実施した史料所在調査のうち、旧村部に関する調査結果をまとめたもので、調査の過程で撮影した各地に残る家文書や区有文書、古写真、農具、貴重な風景など680枚に及ぶ写真を全ページカラー版で掲載しています。全184ページ。

 

 

 

書籍名 販売価格(税込) 発刊年 重量 サイズ
『史料所在調査報告書』(上)
ふるさと探訪 相馬めぐり!
2,000円 平成22年 約640g A4判

▽目次 (PDF 183KB) >>

 

購入方法

直接購入する場合

(新)『相馬市史』は市内5か所で購入できます。その他は、下記のとおり販売場所によって取り扱いしていない書籍がありますのでご注意ください。

  (新)相馬市史 衆臣家譜 史料所在調査報告書 (旧)相馬市史
市史編さん室(市役所1階)
市歴史資料収蔵館
×
市図書館
×
市内書店 広文堂書店 × × ×
丁子屋書店 × × ×

※コピー版はあらかじめご相談ください。

 

郵送により購入する場合

市史編さん室のみでお取り扱いしています。

(1)@Aを同封し、下記へお送りください。

@申込書
購入希望の書籍名と冊数、お名前、ご住所、お電話番号を明記してください。
※任意の書式で結構です。

A代金
現金書留または郵便為替でお送りください。
※切手では換金ができませんのでご遠慮ください。

(2)@Aの到着後、原則として『相馬市史』の場合はゆうパックの着払い、『衆臣家譜』のみ(合計重量1s以内)の場合はゆうメールの着払いにて速やかに発送いたします。
※ゆうパックは、サイズとお届け先の地域により料金が異なります。
※ゆうメール(全国一律料金)
 重量が250gを超え500g以内の場合⇒300円+着払い手数料21円=321円が必要です。
 重量が500gを超え1kg以内の場合 ⇒350円+着払い手数料21円=371円が必要です。
 ※平成30年9月1日現在の料金です。

 

送付・問い合わせ先

〒976-8601 福島県相馬市中村字北町63-3
相馬市教育委員会生涯学習課市史編さん室
TEL:0244-37-2100、FAX:0244-37-2199
e-mail:shishihensan@city.soma.lg.jp


前のページへ戻る

ホーム > 相馬の歴史 > 相馬市史