中村城 妙見曲輪

西二ノ丸の一角にあって、藩主相馬氏の氏神である「妙見」を祀ったところを特に妙見曲輪といいました。相馬氏の居城には、必ず設けられました。妙見社(現相馬中村神社・国指定重要文化財)は、寛永20年(1643)に建てられた相馬地方最古の神社建造物です。権現造りの社殿は全体的に質素な意匠ですが、木割りは太く力強く、屋根はこけら葺です。

※妙見 北辰もしくは、北極星を神格化したのので、千葉氏一族の信仰は著名

(写真:相馬中村神社 西側から)


前のページへ戻る

ホーム > 相馬の歴史 > 県指定史跡中村城跡 > 中村城下地図 > 妙見曲輪