中村城 北二ノ丸

はじめ、西の方は家臣の屋敷でしたが、後に蔵屋敷となりました。昌胤のときにその東に奇樹・奇草を植えて「お花畑」と称する花園を造りました。東西に矢来門(花畑門)と西門(籾蔵門)を設け、内堀に橋をかけ本丸からの小道をつけて遊観の地としました。

(写真:北二ノ丸跡 手前は蓮池 東側から望む)

 


前のページへ戻る

ホーム > 相馬の歴史 > 県指定史跡中村城跡 > 中村城下地図 > 北二ノ丸