中村城 本丸

本丸御殿は、現在のふじ棚を囲むようにしてありました。諸所に礎石や庭園の配石の跡を見ることができます。三重の天守閣は、慶長16年(1611)に本丸の西南隅に建てられましたが、寛文10年(1670)落雷で焼失し、以後再建されることはありませんでした。本丸跡にある相馬神社は、明治13年に相馬氏の祖、相馬師常を祭神にして創建されたものです。

自然丘陵を利用した本丸には、中段より上には鉢巻石垣があります。慶長16年(1611)、会津藩浪人幸田彦左衛門の指図で構築されたといわれています。石材は、川石の自然石に割り石を混ぜ、小面を横に据える野面積(のづらづみ)です。上下の石が奥でかみ合うため隙間ができ、明暗が生じて自然にとけこんでいます。

(写真:本丸跡 東側から)


前のページへ戻る