相馬の歴史講座 「御仕法」

この講座は、「御仕法」をテーマに平成20年4月から平成21年3月にかけて連載したものです。
御仕法とは、二宮尊徳の教えに基づく農村の立て直し法のことで、一般には「二宮仕法」、相馬では「御仕法」といわれています。
相馬中村藩では、天明・天保のききんで農村が疲弊し、藩財政が窮乏しました。そこで、農村を立て直すために導入されました。


前のページへ戻る

ホーム > 相馬の歴史 > 歴史講座 > 御仕法