友好都市

東京都稲城市(平成27年8月18日締結)

「東京都稲城市」 緑につつまれ 友愛に満ちた 市民のまち 
ホームページアドレス:https://www.city.inagi.tokyo.jp/

三沢川の桜と梨畑

稲城市の位置・地勢

稲城市は、南多摩地区の東端に位置し、里山や梨園などの懐かしい風景が広がる一方で、多摩ニュータウンの一角の街並みも併存するレトロ&モダンな街です。
豊かな緑と多摩川や三沢川などの水に触れあうことができ、都心から電車で30分圏内という利便性も兼ね備えています。
2001年からは、Jリーグ「東京ヴェルディ」のホームタウンとなっているほか、「読売ジャイアンツ」の練習場などが点在しています。

稲城と言ったらやっぱり梨 〜稲城は梨の名産地〜

稲城市の梨稲城市は梨の産地として有名で、市内に約35haの梨畑があり、市内の農地全体の約4分の1を占めています。
生産されている梨の種類は約20種類。なかでも実が大きく、甘さとみずみずしさが特徴の「稲城(いなぎ)」は稲城市で生まれた特に人気の高い銘柄です。

写真上:三沢川の桜、下:大丸用水

自然と花の名所があふれる〜緑のまち〜

稲城市は、多摩丘陵で色づく四季折々の自然も大きな魅力。
三沢川や大丸用水など、流れの良い豊富な水源に恵まれ季節ごとに咲き誇る花々をとの染むことができます。

【三沢川の桜】
三沢川沿いに約900m桜並木が続き、3月の下旬から4月上旬までの間桜の花見を楽しめます。

【大丸用水】
江戸時代に造られ、現在も使用されている農業用水路。
6月上旬には、水路脇に咲くアジサイが見ごろを迎えます。

 

稲城市が誇るご当地キャラ 〜稲城なしのすけ〜

稲城なしのすけ生みの親は、ガンダムなどのデザインで有名なメカニックデザイナーの大河原邦夫氏とマルチクリエイターの井上ジェット氏。

【稲城なしのすけプロフィール】
稲城の梨がモチーフの梨型メカの男の子。
好物は梨とブドウ

 

前のページへ戻る

ホーム > 市の概要 > 友好都市 > 東京都稲城市