沿革・あゆみ

 

沿革

相馬氏は、平将門を祖とする関東の名族であったが、源頼朝の奥州征伐に従軍し、その功によって奥州行方郡の地を与えられ、これが奥州相馬氏の成立の起因となりました。

鎌倉時代の末、下総国より奥州へ移住した相馬氏は、南北朝の動乱期を経て、この地に領主権を確立、いくたびかの危機を乗り越え、明治に至るまでその勢力を維持し、伝統と文化を培ってきました。

江戸時代初期の慶長16年(1611年)、本拠が宇多郷中村城に移され、家臣の城下集住が行われ、近世城下町が形成されました。

江戸時代後期、東北諸藩を襲った天明・天保の大ききんは、相馬中村藩をも例外なく、収量の減収、人口の激減という困窮におとしいれたが、天保年間に再び襲ったききんに際しては、蓄えておいた米穀を開放して餓死者を出さず、藩財政と領民生活の回復に努めました。衰廃回復のため、幕府の許可を得て興国安民の法(御仕法)を採用し、多くの藩がききんの打撃から立ち直れず、崩壊していった中で、相馬中村藩はご仕法の推進によって、藩財政を立て直し、藩政を回復しました。

御仕法の原理は、至誠・勤労・分度・推譲という基本理念を中心思想として、経済の復興と安定、そして民情を豊かにするというもので、その精神は市民憲章にもうたわれ、今なお市民の心の支えとして生きています。

明治22年、町村制施行に際して、中村、中野村、西山村の合併(昭和4年松ヶ江村合併)によって中村町施行となり、昭和29年、中村町・大野村・飯豊村・八幡村・山上村・玉野村・日立木村・磯部村の1町7村が合併して、相馬市が誕生しました。

境域

東西28km、南北13km、面積197.79平方キロメートル(平成28年2月24日変更)、東は太平洋に面し、西は伊達市、南は飯舘村と南相馬市、北は新地町と宮城県に隣接する。

位置

相馬市の位置は、東経140度55分8秒、北緯37度47分50秒。福島県の東北端にあって東西28km、南北に13km。西に阿武隈山地が連なり、東は太平洋に臨む。

市街地から一般国道115号に沿って西に57kmで県都福島市に至り、また常磐線および一般国道6号が南北に走り、南は300kmで首都東京があり、北に53kmで東北の都仙台に達し、県北沿岸交通、文化の中心地である。

地勢

概ね平坦地と山間部とが相折半し、市街地は中央の平坦地に位置する。市街地を流れる宇多川を中央にして北に地蔵川、南に日下石川が流れて3,000ヘクタールの耕地を潤し太平洋に注ぐ。

現在重要港湾相馬港を開発拠点として、その背後に相馬中核工業団地(東地区約500ヘクタール、西地区約135ヘクタール)を造成し優良企業の立地促進を図っているところである。

あゆみ

昭和29年の相馬市誕生からの主な出来事を年表にまとめました。

西暦 主な出来事
昭和29年
1954年
中村町・大野村・飯豊村・山上村・玉野村・八幡村・日立木村・磯部村が合併し、「相馬市」が誕生。初代市長に横山宗延氏。
昭和30年
1955年
第1回市産業文化祭を開催。上水道第1次拡張事業を実施。
昭和31年
1956年
常備消防署(市消防署)を設置。「市政だより」第1号を発行(市史による)。
昭和32年
1957年
相馬愛育園(児童養護施設)を開設。
昭和33年
1958年
2代目市長に佐藤清照氏。台風22号による大水害発生。
昭和34年
1959年
原釜港を相馬港と改称。
昭和35年
1960年
相馬港が地方港湾に指定される。
昭和36年
1961年
飯豊・山上・宇多の三校を統合し、向陽中学校を新設。
昭和37年
1962年
3代市長に横山宗延氏。交通安全都市宣言。国土調査に着手。
昭和38年
1963年
国道6号の改良舗装が進む。市制施行10周年記念式典を挙行。
昭和39年
1964年
衛生センター(し尿処理場)の建設に着手。
昭和40年
1965年
7農協が合併、相馬市農協が誕生。
昭和41年
1966年
4代目市長に横山宗延氏。
昭和42年
1967年
市民会館が完成。市民の歌を制定。
昭和43年
1968年
市立大野幼稚園開設(第1号)。市制施行15周年記念式典を挙行。
昭和44年
1969年
第1回市民号を実施。駅前広場完成。保健所支所開設。市史「第4巻・奥相志」発刊。
昭和45年
1970年
5代目市長に横山宗延氏。公立相馬病院が完成。相馬港に待望の第1船が入港。
昭和46年
1971年
患者輸送バスが運行開始。養護学校開校。スクールバス運行開始。台風23号により大被害。
昭和47年
1972年
勤労者体育センター(現川沼体育館)完成。大相撲で栃東(現玉ノ井親方)優勝。副霊山トンネル開通。広域消防が発足。
昭和48年
1973年
市庁舎焼失。
昭和49年
1974年
6代目市長に浜名忠雄氏。教育文化センター博物館が開館。相馬港が重要港湾に指定。公共下水道事業に着手。
昭和50年
1975年
市総合計画を作成。県立海浜青年の家が完成。
昭和51年
1976年
市民憲章、市の花・木・鳥を制定。市役所新庁舎が完成。百間橋が完成。
昭和52年
1977年
流山市と姉妹都市の締結。
昭和53年
1978年
7代目市長に今野繁氏。宮城県沖地震により大被害(被害総額約5億円)。休日診療制度がスタート。
昭和54年
1979年
大洲生活環境保全林がオープン。ごみ焼却場が完成。市制施行25周年記念式典を挙行。
昭和55年
1980年
老人憩いの家が完成。上水道第7次拡張事業を実施(東部地区の「赤水」解消)。相馬駅に特急列車が停車。人権擁護都市宣言。松ヶ房ダム着工。
昭和56年
1981年
相馬港がエネルギー港湾に。その背後地が我が国初の電源地帯工業団地に指定。水道事業所新庁舎が完成。湯川村と姉妹農業委員会提携。
昭和57年
1982年
8代目市長に今野繁氏。市図書館・共同福祉施設(現コミュニティセンター)が完成。第1回相馬民謡全国大会を開催。相馬警察署新庁舎が完成。
昭和58年
1983年
大樹・豊頃町と姉妹都市の締結。市史完結(全6巻)。地域振興整備公団が「相馬地域開発」を本採択。中村神社が国重要文化財に指定。真野ダム着工。
昭和59年
1984年
市民プールが完成。非核平和都市宣言。
昭和60年
1985年
ごみ埋立処分場が完成。
昭和61年
1986年
9代目市長に今野繁氏。NHK朝の連続テレビ小説で「はね駒」放映。8・5豪雨で30年ぶりの大水害。県内初の六十アール型ほ場整備に着手。ポートセンター、労働福祉会館が完成。
昭和62年
1987年
中核工業団地の起工式。節分の大雪(積雪50センチ)。国道113号バイパス建設に着手。第2次市総合計画を作成。市消防団に内閣総理大臣表彰。振替納税推進都市及び納税完納推進都市宣言。
昭和63年
1988年
中核工業団地造成に国内最大級のベルトコンベヤー始動。保健センターが完成。相馬駅に「みどりの窓口」設置。相馬港が国際港に。公立相馬病院が総合病院に。松川浦新漁港が開港。
平成元年
1989年
常磐道いわき四倉〜相馬間が基本計画に昇格。市制施行35周年記念式典を挙行。デイ・サービス事業の開始。台風13号による記録的な集中豪雨で過去最悪(18億7千万円)の大被害。中核工業団地の予約分譲開始。
平成2年
1990年
10代目市長に今野繁氏。相馬港が無線検疫対象港に。公共下水道が一部供用開始。相馬共同火力新地発電所建設着工。松川浦大橋建設着工。
平成3年
1991年
真野ダム完成。流山市民ふれあいセンター「相馬ユートピア」オープン。常磐道相馬〜亘理間が基本計画路線に昇格。相馬タワー完成。
平成4年
1992年
相馬工業用水道営業開始。市民号が日中国交回復20周年を記念し中国へ。
平成5年
1993年
相馬中核工業団地進出企業操業開始。相馬港・エネルギー港湾完成。相馬総合卸売市場完成。
平成6年
1994年
11代目市長に今野繁氏。市制施行40周年記念式典を挙行。三笠宮杯ツール・ド・とうほく開催。
平成7年
1995年
松川浦大橋開通。相馬振興公社駅ビル「振興ビル」完成。運輸省練習帆船「日本丸」寄港。第50回国民体育大会「ふくしま国体」ソフトボール競技大会「成年男子1部・成年女子の部」、第1回松川浦大橋ふれあいマラソン大会開催。
平成8年
1996年
松ヶ房ダム貯水開始。相馬方部衛生組合「一里壇斎苑」完成。
平成9年
1997年
総合福祉センター「はまなす館」オープン。「子ども議会」開催。松ヶ房ダム完成。
平成10年
1998年
12代目市長に今野繁氏。常磐道富岡〜相馬間に施行命令。スポーツアリーナそうまオープン。石川島播磨重工業(IHI)相馬工場完成。
平成11年
1999年
「第19回全国豊かな海づくり大会」開催。国道115号相馬南バイパス開通。松川浦パークゴルフ場オープン。
平成12年
2000年
松川浦新漁港完成。市消防団本部の改築。台風3号による被害。相馬リサイクルセンター操業開始。第3次相馬市総合計画を作成。
平成13年
2001年
相馬看護専門学校開校。相馬方部衛生組合「衛生センター」完成。「磯部農集浄化センター」完成。第1回そうま市民まつり開催。国道6号相馬バイパス1部開通。「松ヶ江地下道」完成。東部公民館完成。
平成14年
2002年
13代目市長に立谷秀清氏。第15回全国健康福祉祭ふくしま大会「ソフトボール交流大会」開催。「相馬市快適なまちづくり推進条例」施行。窓口業務の一部時間延長開始。
平成15年
2003年
相馬東高校(旧相馬女子高校)開校。馬陵通り(新町北町線)開通。道の駅そうまオープン。
平成16年
2004年
振興ビルに図書館と駅前行政サービスコーナー開設。道の駅そうまに「体験実習館」がオープン。
平成17年
2005年
向陽中体育館完成。都市計画道路坪ケ迫・寺前線開通
平成18年
2006年
14代目市長に立谷秀清氏。紙製容器包装の分別収集を開始。国道6号相馬バイパスの第2区間が開通する。DV相談窓口を開設。
平成19年
2007年
長期総合計画「相馬市マスタープラン2007」策定。相馬光陽パークゴルフ場オープン。静岡県裾野市・東京都足立区と災害時の相互応援協定を締結。飯豊小学校体育館落成
平成20年
2008年
ISO9001認証取得。一般国道6号バイパス全線開通。阿武隈東道路着工。多重債務相談窓口を開設
平成21年
2009年
相馬港内航フィーダー・コンテナ輸送定期航路開設。新型インフルエンザH1N1対策本部設置。大相撲夏巡業相馬場所。
平成22年
2010年
15代目市長に立谷秀清氏。住民票の写し・印鑑登録証明の東北初のコンビニ交付スタート。新相馬消防署完成。松川浦環境公園オープン。宇多川上流への廃棄物処分場建設を許さない相馬市民大会。お出かけミニバス運行開始。磯部・蒲庭・山上・玉野地区へ光ファイバーケーブル網整備。
平成23年
2011年
東日本大震災発生、相馬市で震度6弱、マグネチュード9.0。津波9.3メートル以上 犠牲者458名(津波犠牲者457名)。磯部地区、原釜地区など津波で集落が流失。住宅被害5584棟 被災水田面積1102ha。市災害対策本部設置(6月18日まで市役所毎日開庁)。被災者生活支援金支給。そうまさいがいエフエム開局。相馬中村開府四百年祭記念行事中止。相馬市復興計画Ver1.1策定。東日本大震災復興相馬三社野馬追。光陽サッカー場オープン。
平成24年
2012年
相馬市東日本大震災追悼式。戸籍電算化。相馬井戸端長屋・馬場野第1号棟完成。常磐自動車道相馬IC〜南相馬IC開通。相馬市復興計画Ver1.2策定。相馬西道路起工式。第1回震災復興子ども駅伝競走大会。
平成25年
2013年
明神前災害市営住宅完成。新市民会館完成。防災備蓄倉庫完成。東日本大震災殉職消防団員顕彰碑建立。磯部コミュニティセンター完成。復興施設見学バス運行。原釜底曳船用漁労倉庫完成。防災集合所完成(岩子・松川・獺庭・新田)。相馬光陽サッカー場リニューアルオープン
平成26年
2014年
16代目市長に立谷秀清氏。移動販売車運行開始(災害市営住宅、玉野地区など)。磯部小学校屋内運動場完成。住宅団地完成(細田東、狐穴)。東日本大震災犠牲者慰霊碑建立(磯部・原釜)。相馬市復興計画Ver2.1策定。LVMH子どもアートメゾンオープン。市役所新庁舎着工。歴史資料収蔵館完成。郷土蔵完成。防災行政無線(デジタル方式)全稼働運用開始。復興交流支援センター完成。常磐自動車道 相馬IC−山元IC間開通。相馬こどもドームオープン。
平成27年
2015年
千客万来館・中央公民館完成。第1回エル・システマ子ども音楽祭開催。常磐自動車道全線開通。市公式ツイッター運用開始。伝承鎮魂祈念館完成。住宅団地完成(刈敷田、南ノ入、山信田、北高野)。子育て支援施設相馬愛育園開園。公立相馬総合病院新第1病棟完成。相馬市復興計画Ver2.2策定。

前のページへ戻る

ホーム > 市の概要 > 沿革・あゆみ