農地の利用権設定(農地の貸し借り)

相馬市が策定している「農業経営基盤の強化の促進に関する基本構想」の中で農地利用権設定等促進事業を規定しています。

○農用地の権利設定、移転は農地法の許可手続が不要。

○賃貸の存続期間が経過すれば貸借は自動的に終了し、離作料を払うことなく貸主に返還されます。

○農地法による小作地所有制限の規定の適用がありません。

手続きなどについては、お問合せください。

※利用権の設定を受ける個人、または農業生産法人については耕作又は養畜の事業に必要な農作業に常時従事すること、その農用地すべてについて耕作又は養畜の事業を行うと認められることなどの基本構想で定められた要件を満たす必要があります。

 

 


前のページに戻る