市長への手紙(ご意見とその回答)

6.公共施設

市営住宅、公共施設など

No.13
65歳 男性(中村) 平成27年12月10日受付
内容 図書館の図書やCD、DVDを充実してほしい。
回答 出来る限り図書資料の充実に努めてまいります。(78)
No.12
62歳 女性(新沼) 平成27年11月27日受付
内容 誰でもいつでも気軽に卓球を楽しめる施設を作ってほしい。
回答 室内スポーツは、全て体育館などを兼用しています。現段階で、卓球専用の施設を整備するのは困難です。(72)
No.11
85歳 女性(北飯渕) 平成27年11月24日受付
内容 角田公園の施設も気軽に使えるよう表示が必要です。
回答 角田公園の施設表示については、早期に設置してまいりたいと考えています。(71)
その後 平成28年3月17日、看板設置完了しました。

設置した看板は、こちらです >>
No.10
85歳 女性(北飯渕) 平成27年11月24日受付
内容 子どもアート・メゾンの西側と東側に施設表示が必要です。
回答 子どもアートメゾンは、市が寄贈を受けたものであることから、施設表示は、寄付者の意向を確認して実施することになりますので、ご理解ください。(71)
No.9
85歳 女性(北飯渕) 平成27年11月24日受付
内容 千客万来館は公民館の役目もあると思いますが、利用するのに違和感を覚えます。
回答 千客万来館については、本市を訪れる方々や市民の方々が気軽に集える施設とするため、中央公民館の職員も含め「おもてなしの心」で接客するよう取り組んでまいりたいと考えています。(71)
No.8
74歳 男性(柏崎) 平成27年10月28日受付
内容 仮設住宅の物置を使わないのであれば譲ってほしい
回答 仮設住宅の物置は、福島県の所有物のため、譲渡できる立場にはありません。
さらに、物置の移設には、解体や設置の費用がかかるため、県が費用負担をして譲渡することは難しいものと思われます。(56)
No.7
77歳 女性(中村) 平成27年10月21日受付
内容 千客万来館にオープンカフェを設けて憩いの場にしてほしい
回答 本市を訪れる方々と市民が交流する場として最適と考えており、オープンカフェの設置に向け、充分に検討してまいります。(49)
No.6
48歳 女性(新沼) 平成27年10月15日受付
内容 坪ヶ迫住宅団地を清潔な環境にして欲しい、防犯灯を設置して欲しい
回答 坪ヶ迫団地の環境面について、市は、下水道整備を進めていますが、使用料の支払いの面で整備を望まない居住者もおり、計画に沿って下水道が整備されていない状況です。
市としては、生活環境改善のため、下水道整備を今後も鋭意進めてまいります。
防犯灯などの照明器具の設置については、地元区長などを通じ整備してきたところです。市は、今後も定期的に団地内を巡回のうえ、現況の把握に努めるとともに地元の方々と力を合わせ環境改善に取り組んでまいります。(40)
No.5
75歳 女性(和田) 平成27年10月13日受付
内容 図書館の駐車場がいつも満車で困っている
回答 図書館のご利用の際にご不便お掛けしています。
正面駐車場が満車の場合は、振興ビル南側の駐車場をご利用ください。南側駐車場は入場券を利用しますが、図書館の窓口に利用券を提示していただけば無料となります。(25)
No.4
62歳 女性(原釜) 平成27年10月13日受付
内容 駅前と図書館の駐輪場に自転車が乱雑にとめられて困っています。駐輪場を有料化してもいいと思います。
回答 市は、平成27年6月に放置自転車の撤去を行い、10月から毎週3回朝に指導員を配置し駅前駐輪場利用者に対し、整理整頓を呼びかけています。
駅前駐輪場の主な利用者は学生であることと有料化した場合に指定場所以外に自転車が放置される懸念があることなどから現在のところ有料化は考えておりません。
なお、図書館前は駐輪場に指定していないことから指導員による見回りやはり紙による指導を行っていきます。(27)
No.3
56歳 女性(黒木) 平成27年11月13日受付
内容 市立図書館の建て替えを切望します。
回答 市は、平成16年に図書館を振興ビルに移転し、閲覧スペースの拡大や子どもの部屋の新設、蔵書数増加を行いました。

現在、利用者の増加などにより、読書や学習の席が満席となることも多々あり、また、古い蔵書が目立つ状況にもなっています。

市としては、いただいたご意見を踏まえ、振興ビル内での図書館拡充を検討するとともに、図書資料の充実を図り、誰もが親しめる図書館づくりに努めてまいります。(67)
No.2
76歳 男性(中野) 平成27年10月8日受付
内容 はまなす館に老齢者向けの憩いの場を設けて欲しい
回答 はまなす館ロビーで高齢者など来館される方々がくつろげるようにソファーの配置などを検討してまいります。
お茶などの提供は、衛生面や人員配置などが課題となるので、今後、指定管理者の社会福祉協議会と協議します。(17)
その後 平成27年11月、来館される方々のためソファーの配置などを対応しました。

対応後は、こちらです >>
No.1
40歳 女性(沖ノ内) 平成27年10月7日受付
内容 市営住宅を増やしてほしい
回答 新たに市営住宅を増やすことは、建設費や維持管理など財政負担の面から困難な状況です。(15)

問い合わせ先

相馬市企画政策部 情報政策課

電話0244-37-2117


 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 平成27年度集計 > 公共施設