市長への手紙(ご意見とその回答)

5.文化

文化活動、史跡など

No.5
71歳 男性(新沼) 平成27年10月13日受付
内容 埋蔵文化財の調査は行っていますか
回答 震災後の埋蔵文化財の調査について、市は、公営住宅開発などに伴う試掘を行っており、埋蔵文化財の保護に努めています。 (26)
No.4
71歳 男性(新沼) 平成27年10月13日受付
内容 市指定有形文化財「御仕法造り住宅」を修繕保存を行わないのか
回答 「御仕法造り住宅」は、個人の資産であり、修繕には所有者の費用負担が伴うため、修繕されなかったものであります。なお、市は、専門員による「御仕法造り住宅」の図面作製のほか構造など詳細について調査を行い、記録保存しましたのでご理解ください。(26)
No.3
71歳 男性(新沼) 平成27年10月13日受付
内容 デジタルミュージアムの収蔵資料の更新が行われていないが、埋蔵文化財は発見されていないのか
回答 相馬市史編さんや発掘調査などで貴重と思われるもを発見した場合、デジタルミュージアムに掲載していきたいと考えています。(26)
No.2
71歳 男性(新沼) 平成27年10月13日受付
内容 歴史資料収蔵館の甲冑が「野馬追」の期間に貸し出されており、来館者に恥ずかしいものと思いました。
回答 歴史資料収蔵館の甲冑は、三領が市所有のもので、他は宇多郷騎馬会から借用しているものです。
今年の野馬追では、借用している一領の甲冑を所有者が使用したため、展示ケースに「相馬野馬追出場のため調整中」と表示したところです。(26)
No.1
76歳 男性(中野) 平成27年10月8日受付
内容 初心者向けの社交ダンス講座を開催して欲しい
回答 初心者向けの社交ダンス教室の実施については、希望者の把握に努めながら判断していきます。(17)

問い合わせ先

相馬市企画政策部 情報政策課

電話0244-37-2117


 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 平成27年度集計 > 文化