市長への手紙(ご意見とその回答)

2.建設

道路・公園・下水道など

No.17
77歳 男性(北小泉) 平成27年12月21日受付
内容 刈敷田団地から北小泉へ抜ける道路の建設を進めて欲しい。
回答 現在、津波避難道路の建設や復興事業に鋭意取り組んでいます。このため、刈敷田団地から北小泉へ抜ける新たな道路整備の着手は現段階では難しい状況ですが、避難道路が完成し復興事業の進捗状況を踏まえ、要望のある道路の整備を検討してまいります。(79)
No.16
65歳 男性(中村) 平成27年12月10日受付
内容 公立病院手前や大町の交差点、エイトタウン入口が渋滞し危険なので対処して欲しい。
回答 公立病院手前や大町の交差点について、現在、県が改良工事を進めていますので、市としては、改良事業が早期に完了するよう県に対し働きかけてまいります。
また、エイトタウンの出入り口については、民間事業者が設置した交差点ですので、警察署とともに事業者に対し事故防止対策を行うよう申し入れます。(78)
その後 平成28年9月2日、市役所で市、事業者、相馬警察署の3者で協議を行い、事業者へ事故防止策の対応を申し入れ、対策を検討しているとの回答を受けました。
No.15
78歳 男性(小泉) 平成27年12月4日受付
内容 刈敷田団地の赤道を払下げて欲しい。
回答 赤道の払下げについては、必要書類を準備のうえ市都市整備課に申請してください。(76)
No.14
78歳 男性(小泉) 平成27年12月4日受付
内容 刈敷田団地東側にある赤道の側溝に蓋がなく通行できなくてこまる。
回答 刈敷田住宅団地東側赤道の側溝については、鋼製のグレーチング蓋を設置したいと考えています。(76)
その後 平成28年3月10日、グレーチング施行を完了しました。

グレーチング施行後は、こちらです >>
No.13
52歳 男性(中村) 平成27年11月27日受付
内容 街中の交差点に交差点名を表示して欲しい。
回答 庁内で検討のうえ対応してまいりたいと考えておりますが、多少時間をください。(73)
No.12
85歳 女性(北飯渕) 平成27年11月24日受付
内容 狭い歩道の傾斜している所が多く、歩きにくいので改修出来ないですか
回答 歩道の傾斜は、宅地などへの進入のための形状でありますのでご理解ください。(71)
No.11
85歳 女性(北飯渕) 平成27年11月24日受付
内容 歩道横の側溝に蓋がないところがあり危険を感じます。
回答 歩道脇の排水溝のふた穴については、鋼板などでふさいでまいりたいと考えています。(71)
No.10
60歳 女性(坪田) 平成27年11月4日受付
内容 台町から富沢間の道路わきの木の管理をしてほしい。
回答 お手紙にありました県道相馬浪江線は、福島県が管理していますが、市として通行する方の安全を確保するために歩道を含めた道路の拡幅や支障木の伐採などを、県に対し今後も強く働きかけてまいります。(61)
No.9
43歳 女性(北飯渕) 平成27年11月2日受付
内容 アルプス電気敷地脇の小泉川沿いの桜の木が「てんぐ巣病」に罹っているので適切な処置をして欲しい
回答 相馬の桜の名所が適切に管理されるべき事はご指摘のとおりと思います。担当課に指示しましたので、今後、景観と環境の維持に努めてまいります。(60)
No.8
40歳 女性(石上) 平成27年10月29日受付
内容 隣の家の水道工事を行った業者に勝手に境界杭を壊されました。工事業者の監視をきちんとして欲しい。
回答 工事業者などに対し、法令に基づき適正に指導してまいりたいと考えていますのでご理解をお願いします。(58)
No.7
71歳 女性(日下石) 平成27年10月27日受付
内容 病院への送り迎えに使う砂利道を整備して欲しい
回答 現在、地元区長を通じて地権者と道路整備の調整中です。
今後、地権者の協力を得られた場合には、早期に道路整備に着手してまいりたいと考えています。(55)
No.6
64歳 男性(塚部) 平成27年10月19日受付
内容 地蔵川を浚渫してほしい
回答 地蔵川は、福島県が管理している二級河川であることから、市は、市民生活の安全安心のため、国道6号線から上流域の堆砂除去と樹木撤去について、福島県に対し、実施時期などを明確にするよう要望したいと考えております。(44)
No.5
68歳 女性(石上) 平成27年10月14日受付
内容 公園に駐車場を設置して欲しい
回答 市内の公園の多くは、昭和時代に近隣の方の利用を目的として整備されたため駐車場がありませんが、都市公園を多くの市民に利用していただくため、今後、計画的に駐車場の整備を行っていきます。(38)
No.4
80歳 女性(沖ノ内) 平成27年10月14日受付
内容 小泉川を整理して欲しい
回答 小泉川は、福島県が管理している二級河川ですが、市としても、市民生活の安全安心のため堆砂除去や樹木撤去などの実施を要望していきます。(35)
No.3
38歳 男性(坪田) 平成27年10月6日受付
内容 前の土地から雨が降るたびに側溝に土砂が流れてきて困っています
回答 土砂が流出する土地は、土木業者が盛土材採取目的で切土した土地であるため、土砂の流出防止対策と流入土砂の撤去について土木業者に指示しました。今後も再発防止について指導します。(11)
No.2
38歳 男性(坪田) 平成27年10月6日受付
内容 八幡小学校台町地区の交通量が多く危険です。歩道やのぼり旗の設置、大型車の迂回、警察の立ち番などはできないでしょうか
回答 歩道の整備については、県道の管理者である福島県に対し強く要望します。
のぼり旗の設置は、関係機関と調整の上、速やかに実施します。
大型車の迂回や警察官の配置については、警察署と協議します。(11)
No.1
86歳 男性(石上) 平成27年10月5日受付
内容 国道6号線4車線化と大野公民館から国道6号線へ抜ける石上初野線の道路を拡幅してほしい
回答 国道6号線の4車線化については、バイパスが開通したことで、交通量が減少していることから実現は困難な状況です。

石上初野線から国道6号線へ繋がる部分の改良については、現在、地権者と用地交渉中です。引き続き道路改良へ向けて努力します。

また、石上中曽根地区から西側の道路拡幅については、地権者から同意を得られなかったため、地元区長と協議し現道舗装を行いました。

今後の道路拡幅は、地元区長と協議のうえ、地権者の協力を得るよう努めてまいります。(4)

問い合わせ先

相馬市企画政策部 情報政策課

電話0244-37-2117


 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 平成27年度集計 > 建設