市長への手紙(ご意見とその回答)

2.建設

道路・公園・下水道など

No.11
30歳 男性(尾浜) 平成29年6月19日受け付け
内容 自宅脇の素掘りの側溝に汚泥が溜まり悪臭がひどいので側溝を入れて欲しい
回答 近隣の方からも要望書が提出されている場所ですので、今後、予算を確保の上、設置したいと考えています。(37)
No.10
72歳 男性(小泉) 平成29年5月1日受け付け
内容 我が家の側面を通る公衆用道路を正しく管理移転してほしい
回答 お手紙でいただいた公衆用道路は、ご指摘のとおり国から市に譲与された法定外道路です。
市は、当該道路の所有権を市に移転するための手続きを進めてまいります。(31)
No.9
83歳 女性(中村) 平成29年4月28日受け付け
内容 市民プールと商工会議所の間の道路を舗装補修してほしい
回答 お手紙でいただいた道路は、震災後に災害復旧として認められた範囲で改修舗装したため、未改修路面との間に段差が生じたものです。
市としては、早期に改修工事に着手し、市民の皆さまが安心して道路を利用できるよう努めてまいります。 (29)
No.8
57歳 女性(中村) 平成29年4月12日受け付け
内容 二の丸に行く橋をかけてほしい
回答 二の丸へ行く木橋は、老朽化に伴い取り壊したものです。新たに橋を架けることは、中村城跡が県の史跡に指定されているため困難です。 (19)
No.7
57歳 女性(中村) 平成29年4月12日受け付け
内容 建築物の時代感を統一すると良いと思う。色々な建物ができたので外観を活かし撮影場所にしてはどうか
回答 市は、城下町として風情のある街並みを形成するため、中村第一小学校や市民会館、市役所庁舎などの建築にあたって和風デザインを取り入れてまいりました。
今後、これらを活かしたまちづくりに取り組んでまいります。 (19)
No.6
66歳 男性(程田) 平成29年4月12日受け付け
内容 旭ヶ丘団地の道路補修に助成をしてほしい
回答 当該道路は、住宅団地の開発業者が整備した私道であり、同様な私道が市内に数カ所あります。
市としては、当該道路を市道として管理する手法について、弁護士の意見を踏まえて、検討したいと考えています。 (17)
No.5
76歳 男性(小泉) 平成29年4月11日受け付け
内容 本笑バス停から西側の道路の道幅が途中狭いので拡幅して欲しい
回答 お手紙にあった市道の道幅が狭い箇所は、地権者の協力が得られなかったため拡幅できなかったものであります。
この道路は、県道との交差点に近く、交差点の角度が鋭角なため、拡幅すべきもの考えています。
今後、地元行政区長などと調整してまいりたいと考えています。(15)
No.4
71歳 女性(中野) 平成29年4月10日受け付け
内容 宇多川橋の西側の土手側が見通しが悪く危険なので拡幅してほしい
回答 宇多川橋西側の河川堤防沿いの市道拡幅については、土地所有者の国と協議したいと考えています。(12)
No.3
58歳 男性(和田) 平成29年4月3日受け付け
内容 自宅脇の道路中央にU字溝が入っていてダンプが通るたびに家が壊れそうになるくらい揺れます。U字溝を移動してもらえれば幸いです
回答 このU字溝は昨年12月に騒音や振動の発生を抑えるため、修繕工事を行いましたが、振動がいまだに起きている状況から、抜本的な対策を、現在、検討しています。(3)
No.2
66歳 男性(原釜) 平成29年4月3日受け付け
内容 震災後、自宅敷地内のアスファルトの坂道を後で直すということで壊すことを了承したが、いつ直してもらえるのでしょうか
回答 敷地内のアスファルト舗装などの破損は、震災時のガレキを、重機により撤去した際に生じたものですが、その後具体的な対応を示さなかったことを深くお詫びします。
破損した箇所の補修を本年9月に実施する予定ですので、ご理解ください。(2)
No.1
62歳 女性(塚部) 平成29年4月3日受け付け
内容 自宅裏の通学路になっている市道は強い雨の日に路肩が崩れてしまうのでの改修工事をしてほしい
回答 市は、この道路が小学生の通学路となっていることを踏まえ、今後も砂利敷きなどの対策を講じてまいりたいと考えています。大雨などにより路面が洗掘された際は、市に連絡いただければ、直ちに対応してまいります。
なお、この道路の今後の維持管理や整備について、地元区長と協議しています。(1)

問い合わせ先

相馬市企画政策部 情報政策課

電話0244-37-2117


 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 市長への手紙