市長のひとこと

このページは、市長がいろいろなところで話した内容をご紹介するページです。

本内容は、重複した言葉遣いや表現などを整理した上で掲載しています。

常磐自動車道相馬IC山元IC間開通祝賀会

2014/12/06

私は、先週開催された常磐自動車道(相馬―山元)開通記念サイクリング大会に参加し、新地インターから山元インターまで大変な思いをして自転車で走りました。本日は、車を使いまして新地インターから相馬インターまで通ってまいりました。途中、左手に相馬の工業団地が見え、誘致企業の工場を見ながら、これまでの色々なことを考え、涙が出るほどうれしい思いを抱きながら通ってまいりました。

高速ネットワークがつながることは、私たち地域の念願でした。
今まで、高速交通ネットワークにつながっていないがために、この地域ではずいぶん悔しい思いをしてきました。救急医療で非常に悔しい思いをしましたし、企業誘致でも悔しい思いをしてきました。
私が市長になって13年間、道路について夢中になって取り組んでまいりました。私の前の市長さんも大変熱心に取り組んでこられました。そして、多くの道路関係者の皆さんにご支援をいただき、こうして本日、念願が叶いました。胸がいっぱいです。

相馬市は今後、相馬福島道路で福島市とつながることになり、高速交通ネットワーク化がますます進みます。それはこの地域の復興と再生、新しい相馬の創生にとって、非常に大きな役割を果たしてくれるものと期待しております。そして、これまでのご支援ご協力に報いるためにも、相馬市として地方創生にしっかりと取り組んでいかなくてはならないと、決意を新たにしているところです。

本日は、こうして皆様に感謝のご挨拶をさせていただく機会を得ましたことを心から嬉しく思いますし、これを契機に相馬市、相馬地方、あるいは相双地方、福島県みんなで頑張ってまいりますので今後ともどうぞよろしくお願いします。本当にありがとうございました。


前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 市長のひとこと > 市長のひとこと一覧 > 詳細