市長のひとこと

このページは、市長がいろいろなところで話した内容をご紹介するページです。

本内容は、重複した言葉遣いや表現などを整理した上で掲載しています。

玉野幼・小・中学校閉校式

2017/03/23

玉野小中学校並びに幼稚園の閉校にあたりまして、ひとこと申し上げたいと思います。

玉野小学校につきましては明治10年以来、玉野や副霊山地区の皆様とともに歴史を歩んできました。先日行われました中学校の卒業式、そして本日の小学校の卒業式をもって、閉校となることになりました。この間、地域の皆様に支えられながら、素晴らしい歴史を積み重ねてくることが出来ましたことに、心より感謝を申し上げます。

生徒児童数の減少が進んでおりましたなか、平成23年に東日本大震災が発生し、急激に減少が進みました。市といたしましても、閉校という事態を何とか避けたいと思い、地域の皆様、あるいは教育関係の方々や市議会議員のみなさんと一緒に協議を進めてまいりました。地域の皆様の意見と主体的な判断を尊重することを第一に考えた結果、閉校せざるを得ないという結論に達した訳でございます。断腸の思いで本日閉校式を挙行することとなりました。

なお、当校舎につきましては、地域のみなさんの利活用が図れるものであれば、可能な限り要望に応えてまいりたいと考えております。当面は区長さん方に管理をお願いすることになりますが、良いアイディアがあればぜひお寄せ頂きたいと思っております。

改めまして、今日までのこの玉野小学校、玉野中学校、玉野幼稚園を育てていただいた地域の皆様に、相馬市長として心から感謝を申し上げます。そして、この学校の歴史、歩みを未来永劫にわたって記憶にとどめていただきたいと思います。

名残は尽きない気持ちで一杯ですが、ここに閉校を宣言いたします。

今日まで本当にありがとうございました。お世話になりました。


前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 市長のひとこと > 市長のひとこと一覧 > 詳細