議会あいさつ

平成25年第8回相馬市議会定例会閉会

2013-12-11

◆宮城県丸森町川平地区の産業廃棄物処分場の動き

去る11月28日、丸森町から市に対して、当該する産廃業者から、川平地区の産廃処分場の建設は諦めるとの話があった旨の情報提供がありました。
市が宮城県に確認したところ、産廃業者から、処分場の建設については、地元の反対運動が落ち着くまで様子を見る旨の連絡があったとのことであります。
件の産廃業者の丸森町と宮城県に対する説明内容は異なるものの、当面は、産廃処分場建設がすぐに動き出す恐れはないものと思われます。
しかしながら、市では、引き続き関係機関、団体と連携しながら、当該産廃業者並びに新たな業者に対しその動きを注視してまいります。

◆丸森町との「放射線内部被ばく検査に関する協定」締結

去る12月4日、丸森町との間で「放射線内部被ばく検査に関する協定」を締結いたしました。
この協定は、相馬市内二病院に設置されているホールボディカウンターを利用して、丸森町が小学生から高校3年生相当までの町民の内部被ばく検査を行うものであります。
また、検査費用は丸森町が全額負担いたします。

 

前のページへ戻る

ホーム > 市長室 > 議会あいさつ >  平成25年第8回相馬市議会定例会閉会